주요 기사 바로가기

韓国の映画監督、19歳年下の同性恋人と結婚…「法的には認められない」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2013.05.13 14:31
0
映画会社「チョンニョン(青年)フィルム」代表のキム・ジョグァンス監督が19歳年下の同性の恋人と結婚式を挙げる。

青年フィルム系列会社の「レインボーファクトリー」側は13日午前、報道資料を通じて「カミングアウトした映画プロデューサーのキム・ジョグァンス監督が15日、ソウル舍堂洞(サダンドン)で結婚発表記者会見を開く」と伝えた。結婚日程は記者会見当日に発表する予定だ。

キム監督は昨年、自身の映画『2度の結婚式と1度の葬式』試写会で、「双方の両親の同意と支持を得られれば結婚式を挙げる」と話していた。キム監督の同性恋人は、“ファニ”という芸名で映画界に携わっていることが伝えられた。15日の記者会見の公式の席上で、初めて大衆の前に登場する予定だ。

キム監督の結婚は、現在、韓国の国内法上、認められない。世界的に同性結婚を認めている国家は、オランダ・メキシコ・デンマーク・ノルウェー・ポルトガル・スペインなどと、先月関連法案を通過させたウルグアイ・ニュージーランド・フランスを加えて14カ国に過ぎない。

キム監督は同性結婚合法化のための憲法訴願などを考慮中だ。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国の映画監督、19歳年下の同性恋人と結婚…「法的には認められない」

    2013.05.13 14:31
    뉴스 메뉴 보기
    キム・ジョガンス監督(写真=ご本人のブログ)。
    TOP