주요 기사 바로가기

<尹昶重セクハラ疑惑>前報道官、酒席で被害女性と2人きりだった

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.05.12 09:57
0
尹昶重(ユン・チャンジュン)前青瓦台(チョンワデ、大統領府)報道官のセクハラ疑惑に関する駐米韓国大使館の真相調査結果が尹前報道官の記者会見内容と相反するものとわかり議論を呼んでいる。

総合チャンネルのJTBC11日午後、「7日夜のワシントンでの酒席には尹昶重前報道官の主張と違い、尹前報道官とインターン女性の2人だけでいたものと大使館の真相調査の結果確認された」と報道した。これに先立ちこの日午前に尹前報道官は記者会見で「(酒席の場所に到着した瞬間)女性ガイドなので運転手を最初から最後まで同席させなければならないと判断し、運転手を連れてそのガイドとともに」酒の席を持ったと明らかにした。また、「テーブルが非常に長かった。向かい側にそのガイドが座り、私の右側に運転手が座った。運転手がいてどうしてその前でセクハラができ、どうしてその前で暴言ができるか」と主張した。

しかしJTBCは、「駐米韓国大使館が事件発生後被害女性と周辺人物の陳述を基に作成した報告書によると、運転手は2人を降ろした後に現場を離れたことになっている」と報道した。また、「その後尹前報道官が女性と酒席をともにしながらセクハラと合わせ不適切な身体的接触をした」とし、「これに驚いた女性はワシントンに住む友人を酒席に呼び出し危機を乗り越えたことがわかった」と伝えた。また、調査報告書によると、「インターン女性はこの時までは耐えて過ごしたが、翌日明け方に(尹前報道官が)自身を部屋に呼び下着姿で暴言を浴びせたためすぐに通報することになった」としている。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP