주요 기사 바로가기

<尹昶重セクハラ疑惑>ホテルの部屋に呼んだ? 「下着姿だったのは確かだが…」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.05.11 12:32
0
セクハラ波紋で電撃更迭された尹昶重(ユン・チャンジュン)前青瓦台(チョンワデ、大統領府)報道官は、「ホテルの部屋にインターン女性職員を呼んだ」という疑惑に対し、「常識的に女性を部屋に呼ぶというのは道徳性や常識から話にならない」と全面否定した。

尹前報道官は11日午前10時30分、ソウル付岩洞の中国料理店ハリムガクで記者会見を行った。尹前報道官は「(前日要請したモーニングコールの時間より早く目覚めて)朝起きると、ノックの音が聞こえた。その瞬間、緊急ブリーフィングをする重要な資料があるようだと思って、ガイドであるとは知らずに急いでドアの方に飛び出した」と釈明し、こうした疑惑を否認した。

続いて尹前報道官は「(ノックの音に)『誰ですか』と言いながらドアを開けたところ、ガイドが来ていたので、『なぜここに来たのか、早く行きなさい』と言いながらドアを閉めた」とし「自分の部屋に私がいる間、ガイドが入ったことはない」と話した。

当時の服装について記者が尋ねると、尹前報道官は「ガイドとは知らなかったし、ノックの音に何かの発表かと慌てたので、うっかりして下着姿で出て行った。それも自分の過ち」と答えた。

尹前報道官は「前日も首脳会談関連ブリーフィングを朝7時にする時、青瓦台職員が資料を部屋の中に入れただけだったので、『なぜ私を起こさなかったか』と話した」と述べた。また当時の状況説明について「CCTVで確認すれば分かるる内容」と語った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP