주요 기사 바로가기

報道官の更迭、海外メディアも次々と報道…朴大統領の訪米の“汚点”

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.05.10 13:21
0
尹昶重(ユン・チャンジュン)青瓦台(チョンワデ、大統領府)報道官が訪米中にセクハラの疑いで電撃更迭された中、海外メディアも尹報道官の更迭とセクハラ疑惑を次々と伝えている。

尹報道官は9日(現地時間)、ワシントンのホワイトハウス付近のホテルで、ある女性にセクハラをした疑い。被害女性は大使館のインターンとして働く23歳の米国市民権者で、今回の朴槿恵(パク・クネ)大統領の訪米行事のために採用されたことが分かった。

大統領の訪米日程中に報道官がセクハラ事件で更迭されるという事態は前例がない。朴大統領の最初の訪米は成功という評価が出ていたが、尹報道官の事件で汚点を残すことになった。

海外メディアも前例のない報道官セクハラ事件を先を競って伝えている。AFP通信は韓国メディアを引用し、尹報道官の事件を詳しく伝えた。米国のビジネスインサイダーも「朴槿恵大統領が訪米中、インターンにセクハラした疑いの尹報道官を更迭した」と報じた。

豪州のオーストラリアンとアデレードナウ、英国のヘラルドサン、ベトナムのベトナムプラスなどの海外メディアもこうした事件を伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP