주요 기사 바로가기

訪米の朴大統領の随行報道官、電撃更迭…「セクハラ説」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.05.10 09:02
0
青瓦台(チョンワデ、大統領府)は尹昶重(ユン・チャンジュン)青瓦台報道官が朴槿恵(パク・クネ)大統領の訪米期間中、更迭され米国訪問日程の途中で帰国したと9日(現地時間)確認した。

イ・ナムギ青瓦台広報首席はこの日、米国ロサンジェルスのミレニアムビルトモアホテル、プレスセンターで行ったブリーフィングで「少しかんばしくないことがある」として「朴大統領は尹報道官を更迭することにした」と明らかにした。

イ首席は「更迭理由は尹報道官が朴大統領の訪米中、個人的によろしくないないことにかかわったので、高位公職者として不適切な行動がみられ、国家の品位を損傷させたと判断したため」と説明した。

これと関連して、尹報道官が米国でセクハラにかかわったという話が実行チーム周辺とワシントンの在米韓国人社会などから出た。被害者は20代初盤のインターン社員と知らされた。

在米韓国人社会では尹報道官のセクハラ説が急速に広がっている。

米国、ワシントンでの日程を終えた朴大統領が8日(現地時間)午後、最後の訪問地であるロサンゼルスに到着したするといつもとは違った。尹昶重青瓦台報道官の姿が見られなかった。記者らのうわさによると、尹報道官はワシントンからロサンゼルスへ向かう大統領チャーター機に乗らなかった。しかし大統領府は突然の報道官不在について何の説明もしなかった。

尹報道官が「失踪」した理由を確認するために本紙は9日午後(韓国時間)、ソウルで彼の携帯電話に電話をかけた。個人携帯電話は消えていて、青瓦台業務用携帯電話は海外ローミングになっていなかった。すでに尹報道官がソウルに入っていたということだ。しかし彼は電話をとらなかった。

数時間にわたって記者の問い合わせが殺到するとすぐにある青瓦台関係者は「尹報道官が(ワシントンから)急に帰国したと聞いている」と明らかにした。しかしこの関係者は「どうして突然戻ったのかはよく知らない」と話した。

すると尹報道官が私的な問題で帰国した可能性から歴訪過程で決定的な失敗をして更迭になったのではないかという観測まで出てきた。

過去に青瓦台報道官を担当していた要人は「大統領歴訪途中で報道官がいなくなる状況は有り得ないこと」としながら「事前告示もなく報道官が消える不透明なことが発生したというのは何か事故が起きた可能性を排除することはできない」と話した。

尹報道官が米国から消えて韓国に入国していた衝撃的な理由はもう少し時間が経ってから伝えられ始めた。

朴大統領の米議会演説をわずか4時間前に「大統領の口」である核心随行員が首脳会談国でセクハラにかかわったという話が実行チーム周辺とワシントン在米韓国人社会などから出た。被害者は20代初盤のインターン社員と知らされた。有り得ないことが同時多発で広がったのだ。

尹報道官は駐米ワシントン大使館などの助けを受けて臨時に事件を収拾した後、8日午後一人で韓国行きの飛行機に乗ったという。

10日(韓国時間)帰国する朴大統領の足取りを重くさせる突発事件だった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    訪米の朴大統領の随行報道官、電撃更迭…「セクハラ説」

    2013.05.10 09:02
    뉴스 메뉴 보기
    尹昶重(ユン・チャンジュン)青瓦台報道官。
    TOP