주요 기사 바로가기

朴槿恵大統領のセールス外交、米国企業から3億8千万ドルの投資誘致

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.05.08 09:24
0
朴槿恵(パク・クネ)大統領の初めてのセールス外交が訪米2日目に成果を出した。朴大統領に随行している産業通商資源部の尹相直(ユン・サンジク)長官は6日、「ボーイングとカーチス・ライト、オールモストヒーローズLCCなど米国企業7社から3億8000万ドル規模の投資を誘致した。さまざまな不確実性にもかかわらず、韓国経済に対する外国人投資家の信頼を確認したと考える」と話した。尹長官と米国投資企業代表はこの日午前、ニューヨークのロータスクラブで投資申告式を開いた。

今回の投資誘致は投資規模だけでなく今後関連産業に相当な波及効果を出せるものだと訪米随行団は説明した。尹長官は、「航空機販売が主要事業モデルであるボーイングが(慶尚北道永川に)メンテナンスセンター形態で初めて(韓国に)工場を設立する」と期待感を表わした。続けて「人類で最初に動力飛行に成功したライト兄弟が設立した企業のカーチス・ライトが原子炉用バルブ生産施設に投資することで韓国の原子力発電所機資材産業の発展とともに先進部品の円滑な供給を通した(原子力発電所の)安全性向上にも寄与すると予想される」と述べた。また「オールモストヒーローズLCCは(韓国の)アニメーション部門で最初の外国人直接投資。韓国でアニメーションを制作し、投資家を通じて米国市場への普及チャンネルを確保する新しい事業モデルだ」と明らかにした。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP