주요 기사 바로가기

【時視各角】安倍には憲法が粘土なのか(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.05.07 10:02
0
マッカーサーが強要した憲法、そのために軍隊も持てない国。正常でないので早く改正し、主権を回復しなければならない。日本右翼の改憲論の根底にある認識だ。平凡な日本人の中にもそう考える人たちが多い。

果たしてこれは正しいのか。マッカーサーは本当に日本に平和憲法を強要したのか。連合国総司令部(GHQ)は軍靴で踏みつけて強制施行したのか。結論からいうと、これはすべて嘘だ。右翼が作って広めた“憲法神話”だ。

まず戦犯国の日本は降伏した以上、軍国主義の明治憲法を廃棄するしかなかった。軍国主義の排除、民主主義の導入を規定したポツダム宣言に基づき、新しい憲法を作らなければならなかった。当初マッカーサーはこれを日本政府に任せた。これを受け、1945年10月、松本烝治国務相が主導し、憲法草案を作り始めた。ところが松本は天皇主権制など明治憲法の骨格をそのまま守ろうとした。GHQとは何の相談もなしにだ。これが毎日新聞の特ダネ報道で暴露された。これを見たマッカーサーはこのままではいけないと考え、GHQに憲法の草案作成を指示した。

この時、GHQに新憲法の草案を作ったのが、進歩知識人からなる憲法研究会だった。主導者は在野法学者の鈴木安蔵と高野岩三郎だった。GHQは彼らのおかげで9日後に平和憲法をマッカーサーに報告することができた。彼らの草案が現行の平和憲法の骨格になったのだ。

彼らの活躍像は07年、大沢豊監督の「日本の青空」という映画にもなった。平和と人権を追求する日本の知識人の手で平和憲法が胎動する過程を生き生きと描いた。

平和憲法がGHQによって強制施行されたというのも事実でない。GHQが戒厳軍のように銃剣を振り回しながら無理に通過させたのではない。帝国議会の貴族院と衆議院の審議と表決をすべて通した。その過程でいくつか修正された。もともと単院制にしようとしていた国会が現在の両院制に変わったりもした。また議員が軍隊保有禁止に反対すると、憲法改正小委の芦田均委員長がもみ消したりもした。
【時視各角】安倍には憲法が粘土なのか(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP