주요 기사 바로가기

CEOに変身したハリウッド女優ジェシカ・アルバ、単独インタビュー(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.05.03 14:13
0
--成功の秘訣は何ですか。

「ちょっと違った(different)、より良い(better)ものにこそ意味があります。既存の親環境のおむつは、吸収力が落ち、無地のくすんだ色で見た目が良くなかったんですよ。私は、一般のおむつより吸収力が優れ、ガイコツやアイスクリームなど数十種類の柄を選べるかわいいエコおむつを出しました。どんなアイテムで創業しようが、ちょっと違うように、より良くさせることを検討しなければなりません。世の中の役に立たなくては」

--作った製品は、何が違ってより良くなったのですか。

 
「本当に消費者のニーズ(needs)と要求(desire)に耳を傾けました。母親たちはベビーカーをホームページの写真を見て選びません。売り場に行って押してみて、ほかの母親がブログにアップした使用感想を細かくチェックします。私も母親として毒性のない赤ん坊用品を求めました。製品発売前に、実際に母親たちが使ってみるようにし、母親たちのニーズに応じてエコおむつから始まってシャンプー・洗濯洗剤というように一つひとつ製品を増やしました」

--女優と企業家を両立させるのは大変ではないですか。

「忙しい。本当に忙しいです。私もやはりオネストを準備しながら女優業も併行してやりました。それでも会社の近くの学校に娘を送っていくなど2人の娘も育てながら創業初年度の昨年には『オネストライフ』という本も出しました。目標があり、意志があるならばいくら忙しくても起業できます」

--創業したことに満足していますか。

「創業した目的自体が、大企業のように“最大利益”でなく、私のように欧州などから物を空輸して使うということができない多くの人に、安全な親環境製品を提供するということでした。それで最も安いというわけではなくても、より安くて品質の良い製品を目標にしました。おむつの湿疹のために夜ごと泣いていた赤ん坊が、私たちのおむつを使って6時間ぐっすり寝たと言って喜ぶ母親を見て、本当にやりがいを感じました」


CEOに変身したハリウッド女優ジェシカ・アルバ、単独インタビュー(1)

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP