주요 기사 바로가기

「日本の憲法改正議論、韓中の影響受けない」、安倍首相サウジで強弁

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.05.02 08:24
0
日本の安倍晋三首相が1日、今後の日本国内での憲法改正議論について「韓国や中国が影響を及ぼすものではない」と話した。

中東地域を歴訪中の安倍首相はこの日、訪問国のサウジアラビアで日本の記者たちが「今後、改憲議論において韓国や中国の反発が予想される」として意見を求めるとすぐに「影響を及ぼさないと考えている」と強調してこのように話した。彼はまた「韓国・中国に(改憲議論を)どのように説明するのか」という質問に「本来、我が国(日本)の憲法なので、いちいち説明していく課題ではないと思う」と明らかにした。

安倍首相のこのような話は、7月の参議院選挙を控えて改憲議論をしていくにあたり韓国や中国の反発を予想してあらかじめくぎを刺しておいたものと解釈される。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP