주요 기사 바로가기

韓国公共機関295カ所で借金500兆ウォンに迫る

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.05.01 08:59
0
韓国内の295カ所の公共機関の借金が、昨年末に500兆ウォン(約44兆2000億円)に肉迫していたことが分かった。李明博(イ・ミョンバク)政権中に200兆ウォン以上増えて公共機関の借金が雪だるま式に増えたのだ。この渦中に一部の機関は、経営成果を上げたという理由で機関長の年俸を大きく引き上げていたことも分かった。

韓国企画財政部は30の公企業と87の準政府機関、178のその他公共機関など計295カ所の公共機関が経営情報公開システム『ALIO』(www.alio.go.kr)に公示した『2012年度経営情報』を28日発表した。公共機関の借金総計は、エネルギー関連設備投資拡大と国策事業などで2011年よりも34兆4000億ウォン増えた493兆4000億ウォンだった。借金の増加率は7.5%で2009年以降最も低かった。企画財政部のキム・ヨンホ財務経営課長は「借金増加率が、昨年から施行した公共機関借金管理対策のおかげで大幅に鈍化した」と話した。

だが、一部機関の借金は特別管理が必要なほどに急増した。韓国電力(12兆4000億ウォン)、LH(韓国土地住宅公社、7兆6000億ウォン)、預金保険公社(5兆4000億ウォン)、ガス公社(4兆3000億ウォン)、韓国奨学財団(1兆6000億ウォン)の順に借金増加幅が大きかった。LHやKORAIL(韓国鉄道公社)をはじめとする一部公企業は、市場条件にともなう潜在リスクがあり格別の点検が必要だと分析された。公共機関の役職員は7937人(3.2%)増加した25万4000人で2008年水準(25万2000人)を超えた。

機関長年俸は韓国政策金融公社(5億109万ウォン)、韓国投資公社(4億9294万ウォン)、韓国輸出入銀行(4億8339億ウォン)の順に多かった。職員年俸は韓国取引所(1億1358万ウォン)、韓国預託決済院(1億78万ウォン)、韓国機械研究院(9908万ウォン)の順だった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP