주요 기사 바로가기

<大リーグ>柳賢振と秋信守、日本専有メジャー記録に挑戦状(1)

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2013.04.26 17:25
0
シーズン序盤だが、柳賢振(リュ・ヒョンジン、26、LAドジャース)と秋信守(チュ・シンス、31、シンシナティ)の活躍が尋常でない。両選手とも現地メディアの注目を浴びている。同時に、これまで日本人選手の専有物のようになっていたメジャーリーグの記録にも挑戦状を出した。柳賢振は新人王、秋信守はシーズン200安打だ。

◇新人王に挑戦する柳賢振

柳賢振は26日(日本時間)、ニューヨーク・メッツ戦に先発し、7イニングを3被安打8奪三振1失点と好投した。1-1の同点で降板したため勝敗はつかなかったが、米国で最も長いイニング(従来は6イニング1/3)を投げ、最多投球数(109球、従来は107球)を記録した。

奪三振も8つ追加し、メジャー全体で10位(計34個)を維持した。31イニング2/3を投げ、同部門17位。奪三振、イニングともにマット・ハービー(24、ニューヨーク・メッツ)に次ぐ新人投手2位だ。

米国のヤフースポーツが24日、セントルイスの右腕シェルビー・ミラー(23)を新人王候補と予想し、その対抗馬として柳賢振を選んだが、それにふさわしい活躍を見せている。

新人王はその間、朴賛浩(パク・チャンホ)や金炳賢(キム・ビョンヒョン)も狙えず、日本選手の専有物のようになってきた。台湾のエース王建民も縁はなかった。1995年の野茂英雄をはじめ、佐々木主浩(2000年)、イチロー(2001年)など東洋人のうち日本人選手だけが受賞している独歩的な領域だ。

まだシーズン序盤だが、柳賢振がコリアンメジャーリーガーの念願だった史上初の新人王に向かって巡航を続けている。
<大リーグ>柳賢振と秋信守、日本専有メジャー記録に挑戦状(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <大リーグ>柳賢振と秋信守、日本専有メジャー記録に挑戦状(1)

    2013.04.26 17:25
    뉴스 메뉴 보기
    柳賢振(リュ・ヒョンジン、26、LAドジャース)と秋信守(チュ・シンス、31、シンシナティ)
    TOP