주요 기사 바로가기

【社説】安倍の暴走、米国も傍観することではない

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.04.26 16:26
0
朴槿恵(パク・クネ)大統領が来月の訪米を契機に北東アジア平和協力構想(ソウルプロセス)に進めていく考えを明らかにした。朴大統領は先日、国内報道機関編集・報道局長を招待した席で、「アジア諸国間で経済的な相互依存度が高まった半面、安保や領土問題において紛争が絶えない“アジアパラドックス”が発生している」とし「これを克服するために非政治的な分野から信頼を築いていく必要がある」と述べた。一種の“北東アジア版信頼プロセス”だ。こうした構想をオバマ米大統領に明らかにし、協調を求めるということだ。

朴大統領が構想した韓半島信頼プロセスが北朝鮮の挑発で第一歩も踏み出せていないように、ソウルプロセスも同じ状況になる可能性が高い。日本の挑発のためだ。ソウルプロセスが機能するには韓日中3カ国の協力が必須となる。しかし日本の安倍内閣は侵略の歴史さえ否定する時代錯誤的な態度を露骨化している。閣僚が軍国主義の象徴である靖国神社を参拝したことに対する周辺国の正当な抗議を、安倍首相は「脅かし」と表現した。侵略は観点によって異なるという詭弁もはばからない。歪曲された歴史認識を土台に平和憲法の改正と再武装を実現し、戦争ができる普通の国に進むという計算だ。

北東アジアに地殻変動を起こしかねない安倍首相の危険千万な動向にもかかわらず、米政権は対話を通じて平和的に歴史と領土問題を解決すべきという立場を堅持している。安倍首相が侵略を否定するのは、戦後に米国が主導した東アジアの秩序を否定するのと変わらない。米国の利害とも直結した問題だ。対中牽制のためには日本の協力が必須という理由で、オバマ大統領が安倍首相の暴走を傍観すれば、小利のため大利を失う公算が大きい。過ちは過ちだと確実に線を引くことが、北東アジアの平和と安定に寄与し、米国の国益をも守る道だ。朴大統領はソウルプロセス構想を明らかにする前に、安倍首相の危険な疾走に対する正しい認識からオバマ大統領に植え付けることを望む。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP