주요 기사 바로가기

【噴水台】「私は醜い」…韓国の過度な美貌コンプレックスの背景にあるものは

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.04.24 15:31
0
「You are more beautiful than you think(あなたはあなたが思っているよりもっと美しい)」。

最近見た“女性たちの容貌に関する実験”動画の最後に出てきた言葉だ。美容用品会社DOVEの実験なのだが内容はこうだ。モンタージュ専門家が、カーテンを挟んで向こう側にいる女性たちが自身の容貌を説明するままに描く。次に第3者が説明する彼女の容貌を聞いてもう1枚を描く。こうして女性ごとに2つのモンタージュが完成する。ところで2つのイラストでは驚くべき差があらわれる。本人が説明するよりも他人が描写したイラストの女性がはるかに美しくて安らかなのだ。

DOVE側はこれと共に、自身を美しいと思う女性は4%しかいないという内容も発表した。昨年、韓国のある求職サイトで大学生を対象にしたアンケート調査でも91%が“容貌コンプレックスがある”と答えた。容貌コンプレックスはこの頃の流行病であるようだ。非現実的な美貌の芸能人もテレビで容貌コンプレックスを訴え、アンジェリーナ・ジョリーまで容貌コンプレックスのために全身整形をしようか悩んでいるという話だ。いったいなぜそうなのか理由を考えてみた。

1つ、この頃とても美人が多いから。何年か前のあるイベントで女優ファン・シネと同じテーブルに座ったことがある。イベントが終わった後、私はお手洗いで手を洗っていて何気なく鏡を見て「あらまあ!」と言ってびっくり驚いた。鏡にはふくらんだおまんじゅうのような顔があった。耳、目、口、鼻でいっぱいだった彼女の小さな顔に慣れた私の目に、無防備状態で入ってきた私の顔は、ひと言で“おまんじゅうのような余白”そのものであった。その時に思った。「過度な美貌は、他人に挫折感を与える」と。ところで近頃まぶしい美貌を持つ芸能人が、整形手術までしながらさらに美しくなりつつ容貌コンプレックスまで吐露していると、私たちのような凡人が美しいふりをしたら袋叩きにあうのが常だ。容貌に過度に投資する環境が、かえって容貌に対する汎社会的な自信を落とすのはでないだろうか。

もう1つ、他人の目を意識する心理のために。動画を見て私はほかのものを発見した。2つのイラストのうち実物と似ているのは本人が説明したほうだった。そのイラストでは、しわ・しみ・目の下のくまに彼女らの疲れた暮らしぶりまでが一瞬垣間見えた。ところが第3者のイラストは輪郭が似ているだけでディテールは抜けている。つまり何の考えもなく気楽に見ただけ。イラストの主人公は、第3者の目に写った自身の姿に「幸せそうに見える」と感動した。彼女らも本当はそのような表情で生きたかったのだろうが、厳しい現実が彼女らをそうしておかなかったというところだ。別の言い方をすればこのように他人の目は無責任だが、人々はその影響を受けるということだ。だから、他人にああだこうだと言うのが果たして正しいことなのだろうか。その人は、私が思っているよりもさらに疲れた暮らしをしているが…。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【噴水台】「私は醜い」…韓国の過度な美貌コンプレックスの背景にあるものは

    2013.04.24 15:31
    뉴스 메뉴 보기
    大学生の9割以上が容姿コンプレックスがあると答えるほど、韓国には容姿で悩む人が多い。
    TOP