주요 기사 바로가기

化粧品・大衆文化に続き免税店に韓流の風が吹く(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.04.17 13:19
0
「大衆文化韓流」「化粧品韓流」が「免税店の韓流」に続いている。ロッテ免税店は12日、30年以上グアム空港の免税店を運営してきた世界トップのDFSを抜いて10年間の独占運営権を取得した。空港免税店全体の運営権を確保したのは韓国で初めてだ。予想売り上げは10年間で1兆ウォンに達する。ロッテ免税店が昨年1月にインドネシア・ジャカルタ空港に化粧品とファッション雑貨売り場をオープンし初の海外進出をしてから1年余りぶりだ。

急成長の背景には各分野の「韓流」があった。年間148万人であるグアム空港の出国客のうち、韓国人、日本人、中国人は60%を超える。

グアム空港公社関係者は、ロッテ免税店のイ・ウォンジュン代表が「仁川(インチョン)空港で免税店を運営している」と話すと、「アジア3大ハブ空港ではないか」として注目した。数十年間グローバル事業をしてきたDFSに比べ経験不足という懸念をなくす瞬間だった。

チャン・グンソクやSUPERJUNIORなど韓流スター8チームが免税店のモデルということも高い点数を取った。このモデルを活用したマルチメディア韓流文化体験空間「スターアベニュー」はソウル・小公洞(ソゴンドン)のロッテ免税店の名物だ。「スターアベニューをグアム空港免税店にも作る」という提案にグアム空港公社が傾いた。グアムの関係者は「どうやってそのようなスターを大規模に起用できるのか」と驚き、「ロッテはアジア1位の免税店」と推したという。

海外売り上げが年30%以上成長している「化粧品韓流」も後から強固に支えた。化粧品を一列に並べひと目で見ることができる「BBクリームバー」など国産化粧品を大幅に強化した運営計画書を提出した。ロッテ免税店は「韓国産化粧品は昨年免税店売り上げが50%増加した代表的な韓流商品だ」と話す。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP