주요 기사 바로가기

キム・ヨナvs浅田真央、最後の対決はソチで?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.04.15 11:00
0
日本フィギュアスケートのスター浅田真央(23)が、来年2月のソチ冬季オリンピックを最後に現役から引退する意向を表わした。

浅田は13日、東京の代々木国立競技場で開かれた国際スケート競技連盟(ISU)2013世界国別対抗戦を終えた後、「来年のソチオリンピックで、メダルよりも私のスケート人生で最高の演技をすることが目標だ。私の全てのものを集大成した演技を披露する」と話した。これに対し日本の取材陣が「オリンピックがある来シーズンが最後になるのか」と尋ね、浅田は「今はそのつもりだ」として、事実上、ソチ冬季オリンピック以後の引退の可能性を示唆した。

浅田は2013世界国別対抗戦でショートフリー合計177.36点と全体5位にとどまった。特に11日に開かれた女子シングル・ショートプログラムで何度もジャンプの失敗をした。トリプルアクセルを試みるも回転数が不足し、結局前に倒れて両手をつく大きなミスを見せた。浅田の高得点の失敗で日本は米国、カナダに続き3位になった。

一方、キム・ヨナ(23)もソチ冬季オリンピックを引退舞台として予告している。彼女は昨年7月「現役ですべきことがまだ残っていると思っている。期待値を下げて、私だけの演技としてフィギュアをする」としながら「ソチで現役選手生活を終える」と明らかにした。これにより、ロシアのソチでキム・ヨナと浅田真央の最後の対決が繰り広げられるものと見られる。





関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    キム・ヨナvs浅田真央、最後の対決はソチで?

    2013.04.15 11:00
    뉴스 메뉴 보기
    フィギュアのキム・ヨナ(左奥)と浅田真央(右手前)。
    TOP