주요 기사 바로가기

北朝鮮、3日ぶりに対話拒否…平壌は4・15行事に集中(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.04.15 09:34
0
朴槿恵(パク・クンヘ)政権初めての公式の対北朝鮮対話提案から3日ぶりに出てきた北朝鮮の反応は荒かった。北朝鮮の祖国平和統一委員会報道官は14日、朝鮮中央通信記者とのインタビューで、「狡猾な術策」「冒とくであり愚弄」という表現を使いながら対話提案を非難した。祖国平和統一委員会は「青瓦台(チョンワデ、大統領府)核心関係者は統一部長官の対北朝鮮声明が現執権者(朴大統領)の意思を反映した公式対話提案といった」と強調した。韓国政府内で「対話提案か違うのか」で一部混乱があった柳吉在(リュ・ギルジェ)統一部長官の11日付の声明をひとまず平壌(ピョンヤン)側が公式提案と受け止めたという話だ。

祖国平和統一委員会はしかし、北側の労働者撤収などで触発された開城(ケソン)工業団地の稼動中断の責任を南側に押し付けるなど対南非難をした。韓半島緊張の原因を韓米合同軍事演習だと主張し、「謝罪や責任に対し一言もなく対話を云々したのは鉄面皮な行動だ」とし居直りともいえる主張も展開した。

北朝鮮の反応を期待した韓国政府は内心当惑する雰囲気だ。当初は北朝鮮が対話提案を拒否したものと断定しないとしていた青瓦台は午後9時35分ごろにチュ・チョルギ外交安保首席秘書官が、「北朝鮮が韓国政府の対話提案を拒否したのは本当に遺憾だ」との立場を出した。青瓦台参謀はチュ首席秘書官の発表が「朴槿恵大統領の意向」であることを明らかにした。

しかし青瓦台側は「北朝鮮に対する遺憾表明がまた何日か前に戻ろうというものではない」と強調した。開城工業団地の操業中断という南北合意破棄に対し韓国が言うべきことは言うという説明も付け加えた。

長官が直接声明を発表した統一部は北側の拒否に対しては出入り記者に一斉にショートメッセージで「1次反応なので状況を見守ろう」と通知した。「対話の有無は南側にかかっている」という部分が対話の余地を残したものなので断定するのはやめようという話だった。


北朝鮮、3日ぶりに対話拒否…平壌は4・15行事に集中(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP