주요 기사 바로가기

<サッカー>“ミニ韓日戦”Kリーグが僅差で勝利…Jリーグが反撃開始?(1)

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2013.04.11 17:57
0
“ミニ韓日戦”はKリーグクラシック(1部リーグ)が僅かに勝った。しかし課題を残した2連戦だった。

AFC(アジアサッカー連盟)チャンピオンズリーグ1次リーグ第3・4戦で、韓国と日本のプライドをかけた対戦が行われた。KリーグクラシックのFCソウル、全北現代、浦項スティーラーズ、水原サムスンが、それぞれJリーグのベガルタ仙台、浦和レッズ、サンフレッチェ広島、柏レイソルと対戦した。

計8回の対戦で、Kリーグクラシックは3勝2敗3分けをマークして笑った。しかし惜しまれる2連戦だった。第3戦ではKリーグクラシックの4球団が3勝1敗と圧倒したが、第4戦では1敗3分けと振るわなかった。

◇不振脱出を狙うJリーグ

Jリーグはアジア最高リーグというプライドを抱いていた。実際、07年に浦和レッズ、08年にはカンバ大阪が順にAFCチャンピオンズリーグで優勝し、そのプライドはさらに強まった。

しかしその後はKリーグ球団の躍進が目立った。09年に浦項、10年に城南が優勝し、11年に全北が準優勝、12年に蔚山現代が優勝した。Kリーグ球団は4年連続でAFCチャンピオンズリーグ決勝に進出した。

一方、Jリーグは振るわなかった。2013年からはJリーグ実行委員会が各チームを支援し始めた。海外遠征費用の80%を提供し、相手チームの戦力分析に参加するなど、全面的な支援が行われた。


<サッカー>“ミニ韓日戦”Kリーグが僅差で勝利…Jリーグが反撃開始?(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>“ミニ韓日戦”Kリーグが僅差で勝利…Jリーグが反撃開始?(1)

    2013.04.11 17:57
    뉴스 메뉴 보기
    AFC(アジアサッカー連盟)チャンピオンズリーグ1次リーグ第3・4戦で、韓国と日本のプライドをかけた対戦が行われた。
    TOP