주요 기사 바로가기

中国の鳥インフルエンザ、韓国から来た?=中国メディア

ⓒ 中央日報日本語版2013.04.09 17:48
0
中国が鳥インフルエンザの感染経路を追跡する過程で、韓国の野生鳥類との関連性を提起した。

中国メディアによると、中国科学院は研究調査を通じて、「H7N9型ウイルスの遺伝子のうちH7系列の部分が浙江省のアヒルの群れから検出され、このウイルスの根源を追跡した結果、韓国の野生鳥類から検出されたウイルスと根源が同じだった」と明らかにした。

科学院は「H9N2型ウイルスは上海、浙江、江蘇などのアヒルの群れが根源で、長江デルタで遺伝子が組み合わさったとみられる」とし「野生鳥類が韓国を通って移動する過程で、長江デルタのアヒルの群れと遺伝子が組み合わさり、新種ウイルスが作られた可能性がある」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP