주요 기사 바로가기

日本ドラマリメーク作『職場の神』、月火ドラマ視聴率で首位に=韓国

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2013.04.09 16:17
0
日本ドラマ『ハケンの品格』の韓国版『職場の神』のキム・ヘスが、地上波3局の月火ドラマ戦でまずは勝利した。

8日放送されたKBS(韓国放送公社)第2テレビのドラマ『職場の神』は、12.3%(ニールセンコリア、全国基準)の視聴率を記録した。先週放送された第2話よりも3.6%ポイントも上昇した数値で、放送開始後初めてトップに立った。キム・テヒとユ・アインが共演しているSBS(ソウル放送)の『張玉貞(チャン・オクジョン)、愛に生きる(以下、張玉貞)』は11.3%の視聴率を記録した。MBC(文化放送)の『九家の書』は『張玉貞』からわずか0.1%ポイント遅れる11.2%の視聴率で惜しくも最下位を記録した。

『職場の神』は、今月1日の初放送からサラリーマンの共感を呼ぶ内容で好評を得ている。劇中キム・ヘスは、スーパー契約職のミス・キム役を熱演し、正社員の上司の前でもひるむことなく堂々とした姿で話題を集めた。8日の放送では、海女の姿で漢江(ハンガン)に飛び込むシーンで名品級のグラマラスボディーを惜しみなく披露し、視聴者の視線を釘付けにした。キム・ヘスを間に置いたオ・ジホ(キュジク役)とイ・ヒジュン(ジョンハン役)の三角関係も見所だ。

初放送で登場人物とドラマ背景の紹介に終始した『張玉貞』と『九家の書』は、第2~3話から本格的な反撃に出る予定だ。『張玉貞』は2話まで子役俳優がキム・テヒとユ・アインらの幼少時代を演じている。男女主人公のイ・スンギとスジがまだ登場していない『九家の書』も、スピーディな展開と異色の素材で逆転を狙っている。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    日本ドラマリメーク作『職場の神』、月火ドラマ視聴率で首位に=韓国

    2013.04.09 16:17
    뉴스 메뉴 보기
    キム・ヘス、キム・テヒ、miss Aスジ(写真左から)。
    TOP