주요 기사 바로가기

<大リーグ>ダルビッシュの完全試合を阻止したゴンザレスとは?

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2013.04.03 16:01
0
日本人投手ダルビッシュ有(27、テキサス)は目の前でパーフェクトゲームを逃し、苦笑いを見せた。 そして気が抜けたような表情でマウンドを降り、ベンチに歩いていった。 チームメートとハイファイブを交わしながらも、ダルビッシュの顔には残念そうな表情が見られた。 一方、ダルビッシュのパーフェクト記録を阻止したマーウィン・ゴンザレス(24・ヒューストン)は何事もなかったような表情でガムをかみ、対照的な姿を見せた。

ダルビッシュは3日(日本時間)、米テキサス州ミニッツメイドパークで行われたヒューストン戦に先発し、8イニング2/3を1安打無失点と好投した。 最高球速97マイル(156キロ)のストレートのほか、スライダー、カッターなどを武器に14三振を奪い、ヒューストン打線を圧倒した。 しかし最後の壁を越えられなかった。 27番目の打者ゴンザレスに投げた111球目をセンター前に弾き返され、アジア投手初のパーフェクト記録が消えた。 テキサスは7-0で勝ち、ダルビッシュはシーズン初勝利をマークした。

マーウィン・ゴンザレスはヒューストンの新鋭遊撃手。 昨年、年俸総額6000万ドルでメジャー全体で28位のヒューストンは、今季、大々的なチーム改編に着手するほど選手層が薄い。 06年にシカゴ・カブス傘下のマイナーリーグでデビューしたゴンザレスは、マイナー通算523試合で打率2割6分0厘(1839打数478安打)16本塁打・212打点をマークし、可能性が認められた選手。 メジャーには昨年デビューし、通算80試合で打率2割3分4厘、2本塁打、12打点をマークした。 特に今季は正遊撃手ジェド・ラウリー(29、オークランド)が2月にアメリカンリーグ西部地区のライバル、オークランドにトレードされ、出場チャンスをつかんだ。 ラウリーはメジャーリーグ通算354試合で打率2割4分9厘、35本塁打、159打点を記録中。

しかしゴンザレスはダルビッシュのパーフェクトゲームを阻止して強い印象を与え、今季の活躍を期待させた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP