주요 기사 바로가기

韓国、医療観光競争力OECD19位にとどまる

ⓒ 中央日報日本語版2013.04.03 15:02
0
韓国の産業研究院(KIET)が3日発表した『医療観光産業の国際競争力分析と政策課題』報告書によれば、韓国の医療観光競争力は平均(0.000)を若干上回る0.005で、経済開発協力機構(OECD)の34カ国中19位だった。

OECD34カ国を対象に医療観光産業競争力を分析した結果、施設・装備部門の競争力は2位、医療サービス部門は4位と最上位圏を記録し、技術水準も上位圏(9位)だった。

だが、医療関係者の量的規模である人的資源は31位、観光産業成長性は33位と最下位圏にとどまった。

報告書は、韓国の医療観光産業競争力は部門間不均衡構造の深化によって総合競争力が低下していて、競争力強化のためには医療観光の韓流化政策が必要だと分析した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP