주요 기사 바로가기

朴大統領が会議を突然招集…北の動きを準挑発と認識?(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.04.03 09:50
0
朴槿恵(パク・クネ)大統領が2日、青瓦台(チョンワデ、大統領府)で、政権発足後初めて外交安保長官会議を招集した。

政府からは金寛鎮(キム・グァンジン)国防部長官、柳吉在(リュ・ギルジェ)統一部長官、南在俊(ナム・ジェジュン)国家情報院長、米国を訪問中の尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部長官の代わりに金奎顕(キム・ギュヒョン)外交部第1次官が出席した。青瓦台からは許泰烈(ホ・テヨル)秘書室長、金章洙(キム・ジャンス)国家安保室長、朱鉄基(チュ・チョルギ)外交安保首席が同席した。

この日の会議は突然招集された。青瓦台の関係者は「1日晩に朴大統領が指示して会議が決まった」と伝えた。このため当初開かれる予定だった企画財政部と金融委員会の業務報告が一日延期された。

会議で朴大統領は「北朝鮮が挑発する場合、強力に報復するべきだが、それよりも私たちが強力な外交的・軍事的抑止力を通じて、北朝鮮が挑発する意欲を出せないようにすることが重要だ」と強調した。これとともに「外交安保部処は現状況に対する冷静な認識に基づき、万全の対応体制を整えてほしい」と強調したと、尹昶重(ユン・チャンジュン)青瓦台報道官が伝えた。

尹報道官は「北朝鮮の長距離ミサイル発射、3度目の核実験に続く停戦協定の白紙化、戦闘勤務態勢への突入、開城(ケソン)工業団地閉鎖への言及など威嚇の程度が日々高まっている状況で、最近の北朝鮮動向、開城工業団地の状況、国際社会の反応などについて評価し、国軍の対応態勢、外交的努力、国民の安全確保など、政府の対応方向について深く議論した」と述べた。

朴大統領は「今後、状況の展開を見守りながら、今日のような外交安保長官会議や国家安全保障会議を随時開いて対策を出していく」と明らかにしたと、尹報道官は伝えた。

朴大統領が外交安保長官会議を電撃招集したことで、北朝鮮動向に異常兆候が発生したのではないかという観測も出た。

これに対し、青瓦台外交安保ラインの関係者は「国民が不安を感じるかもしれないので、これを安心させるという考えと、北朝鮮の誤った判断を先制的に抑制するために会議を招集した」と説明した。この関係者は「外国に対しても、私たちがすべて対応していることを見せる必要があった」と説明した。
朴大統領が会議を突然招集…北の動きを準挑発と認識?(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    朴大統領が会議を突然招集…北の動きを準挑発と認識?(1)

    2013.04.03 09:50
    뉴스 메뉴 보기
    朴槿恵大統領が2日午前、青瓦台で開かれた外交安保長官会議に出席している。
    TOP