주요 기사 바로가기

現代車、韓国工場輸出量が28%急減…理由は労組の“勤務拒否”(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.04.02 11:01
0
先月、現代自動車グループの国内工場輸出量が30%近く急減した。使用者側は労働組合による3週連続の週末特別勤務拒否を理由に挙げた。

現代車グループによると、3月に現代車の国内工場で生産して海外に輸出した車は8万6633台で、前年同月比で28%も減少した。こうした減少幅はストライキがピークだった昨年8月(-31%)以来の最大水準。起亜車も先月、国内工場の海外輸出量が9万4790台と、前年同期比2けた(12.7%)減少した。両社ともにストまたは連休が含まれていない月では異例の大幅減となった。

この空白分は両社の海外工場で埋めた。現代車は海外工場で前年同期比17.8%増の24万5850台を生産・販売し、海外販売台数を1%増やした。起亜車は海外工場で前年同期比13.3%増の10万1791台を生産したが、全体の海外販売台数はむしろ前年比0.9%減少した。

国内販売台数も起亜車は6.1%減少し、現代車は0.1%増にとどまった。現代車の関係者は「新型サンタフェを出したことで、旧型サンタフェのみ販売された昨年3月に比べサンタフェの販売台数が急増したという点を考慮すれば、全体的な販売量は減少したといえる」と評価した。

現代・起亜車は先月の生産が振るわなかった理由に、景気低迷と労働組合の非協力を挙げた。現代・起亜車は3月から従来の昼・夜間制を昼間2交代制に変更して施行しているが、週末特別勤務手当をめぐる隔たりのため労組が特別勤務を拒否し、生産に支障が生じている。使用者側は生産の支障を約2万台、被害額を4000億ウォン(約335億円)程度と推算している。
現代車、韓国工場輸出量が28%急減…理由は労組の“勤務拒否”(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP