주요 기사 바로가기

鳥類だけに感染する鳥インフル…中国で人に感染し2人死亡

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.04.01 09:24
0
中国で鳥インフルエンザに感染し2人が死亡したと中国国家衛生委員会が先月31日に発表した。今回発見された鳥インフルエンザウイルスはH7N9型で、人が感染して死亡したのは初めて。H7N9型鳥インフルエンザウイルスは七面鳥など鳥類だけで発見され、人に感染したのも今回が初めてだ。これまで人にまで感染した鳥インフルエンザウイルスは主にH5N1型だった。

新華社通信によると、最近上海で2人、安徽省で1人のH7N9型鳥インフルエンザ感染者が確認された。上海の87歳の感染者は2月19日に発病して先月4日に死亡、27歳の感染者は2月27日に発病して先月10日に死亡したと委員会は明らかにした。また、安徽省の35歳の患者は先月9日に発病し江蘇省南京市で治療を受けているが危篤な状態だと伝えた。患者は初期に高熱やせきなど呼吸器疾患と似た症状を見せ、深刻な肺炎と呼吸困難に至る共通点を見せたという。

中国衛生当局は3人の患者と接触した88人のうち追加で感染した人はまだおらず、人と人との間で感染したという証拠も発見されなかったと明らかにした。しかし高熱・呼吸困難症状が現れた場合には医療機関を訪れ、病気にかかったり死んだ家畜または家きん類と接触するのを控えるよう呼びかけている。一方、H7N9型鳥インフルエンザウイルスは関連研究資料が少なく、ワクチンも開発されていないため当局が緊張している。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP