주요 기사 바로가기

<W杯サッカー>日本、“レーザー照射”ヨルダン観客をFIFAに提訴

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2013.03.29 13:13
0
日本サッカー協会が試合中にレーザーを照射したヨルダンの観客を国際サッカー連盟(FIFA)に提訴した。

日本サッカー協会は、27日(日本時間)に行われた2014ブラジルワールドカップ(W杯)アジア最終予選のヨルダン戦で、観客がレーザーポインターで日本選手を妨害したとして、FIFAに抗議文を提出したと、AFP通信が29日報じた。

日本サッカー協会の大仁邦弥会長は「レーザーポインターを使うなという警告放送までハーフタイムに出てきた」とし「FIFAとAFCに抗議文を出した。二度とこういうことが発生しないことを望む」と述べた。

日本はGK川島永嗣とMF遠藤保仁がレーザー攻撃を最も多く受けたと把握した。GK川島永嗣は「集中しようとしたが、レーザーを受けた」とし、PKを外した遠藤保仁は「(PK失敗は)レーザーのためではなかったが、数人の選手が試合中にレーザーと戦わなければならなかった」と語った。

日本の主張が事実と確認されれば、ヨルダンサッカー協会は警告や罰金、無観客試合などの懲戒を受ける。

現在ヨルダンサッカー協会は日本が敗戦の口実にしていると対抗している。ヨルダンサッカー協会のサブラ副会長は「レーザー照射などは聞いたこともない。試合中に問題を提起した日本選手もいなかった」と述べた。

日本は最終予選B組で勝ち点13をマークし、ヨルダン(7点)、豪州、オマーン(ともに6点)、イラク(5点)を抑えてトップを守っている。勝ち点1さえ追加すれば、自力でブラジルW杯に直行する。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP