주요 기사 바로가기

女優キム・ヒョジン「オム・ジョンファと強烈な“同性ベッドシーン”」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2013.03.27 14:08
0
女優キム・ヒョジンが、女優オム・ジョンファとの強烈なベッドシーンをこなし話題になっている。

キム・ヒョジンは26日午前、マスコミ試写会で公開された映画『終わりと始まり』(ミン・キュドン監督)で、オム・ジョンファとの激情的なベッドシーンを繰り広げ目を引いた。これは映画の後半部に出てくる場面で、夫ジェイン(ファン・ジョンミン扮)を亡くしたジョンハ(オム・ジョンファ扮)、そしてジェインと内縁関係にあったナル(キム・ヒョジン扮)が、互いに絡み合った感情を爆発させる姿が描かれた。キスシーンと濃厚な愛撫のシーンが描写されて視線をくぎ付けにした。

この日の試写会後に行われた記者懇談会で、キム・ヒョジンは「ベッドシーンが映画の中でとても重要な部分を占める。ジョンファ先輩だったので気楽にうまく撮ることができたようだ。撮影前に互いにたくさん話し合った」としながら「撮影がどのように進行されたのか思い出せないほど完全に没頭した」とオム・ジョンファの演技に対する所感を明らかにした。

『終わりと始まり』は、2009年に封切られた映画『五感図(オガムド)』のエピソード中の一部として撮影された映画。今回公開されるバージョンは当時編集された部分を生かし長編用にリニューアルさせた作品だ。夫を失った女と、その夫と不倫をしていた女が会うようになり、そこから展開されていく話を扱っている。それぞれの人物間の関係と内面を、優れた映像美で表現したとの評価を受けている。キム・ヒョジンは頭を短く切ってトカゲの入れ墨まで入れながら複雑なキャラクターを演じた。キム・ヒョジンは『終わりと始まり』を撮った後に撮影された映画『恥ずかしくて』(2010)でも同性愛を演じた。

ミン・キュドン監督は「キム・ヒョジンは本当に宝石のような女優」として「多様な映画に渇望している俳優だ。加虐的な難しいイメージにも共感しながら演技をした」と伝えた。『終わりと始まり』は4月4日に封切られる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    女優キム・ヒョジン「オム・ジョンファと強烈な“同性ベッドシーン”」

    2013.03.27 14:08
    뉴스 메뉴 보기
    女優のキム・ヒョジン。
    TOP