주요 기사 바로가기

経済状況厳しい韓国…経済副総理が補正予算と利下げの必要性示唆

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.03.26 09:22
0
玄オ錫(ヒョン・オソク)経済副総理兼企画財政部長官が追加補正予算と金利引き下げが同時に必要だとの考えを明らかにした。

玄副総理は25日、政府世宗(セジョン)庁舎に初めて登庁し、「財政の健全性も重要だが(財政の)もうひとつの機能である景気安定機能も考慮しなければならない。政策パッケージには当然金融部門が含まれる」と強調した。景気回復のためには追加補正予算編成を通した財政拡大が重要だが積極的な金融政策も必要だという点を強調した発言だ。

玄副総理が政策パッケージに金融部門が含まれなければならないと明らかにしたのは、景気回復のために韓国銀行の基準金利引き下げが必要だという点を表明したものと分析される。玄副総理は、「金融部門の重要な決定は金融通貨委員会という独自の客体で判断する問題だ」と金融通貨委員会の独立性を強調した。その一方で、「少なくとも政策パッケージ内に金融部門が含まれなければならない。そこには金利もあり輸出金融支援もある」と話した。

追加補正予算の規模と時期に対しては、「政策パッケージ内で追加補正予算が占める部分を他の政策と連係してみなければならないため時期や規模は他の官庁と協議中の政策方向が確定してこそ話せる」とした。また「政策だけ細かく見るのではなく、どのように執行するかに焦点を合わせるだろう」と明らかにし、景気浮揚策に速度を出すことを示唆した。

玄副総理は企業の役割に対しても大きな期待を示した。玄副総理は、「内需活性化のカギは投資活性化だ。新政権の経済政策が多くの部分で企業の投資条件を改善するのに寄与するとみる」と明らかにした。玄副総理はこの日午後に開かれた経済閣僚懇談会では、「成長率が初めて7四半期連続で前四半期比0%台の低成長を続けている」として厳しい経済状況を強調した。主要閣僚らは、経済の早急な回復、国政課題の円滑な履行、徹底した対内外危機管理などに焦点を合わせて政策課題を率いていかなければならないと注文した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    経済状況厳しい韓国…経済副総理が補正予算と利下げの必要性示唆

    2013.03.26 09:22
    뉴스 메뉴 보기
    玄オ錫経済副総理兼企画財政部長官が25日、政府ソウル庁舎で開かれた経済閣僚懇談会に参加してあいさつしている。左から韓正和中小企業庁長、房河男雇用労働部長官、玄副総理、劉震竜文化体育観光部長官、趙允旋女性家族部長官。
    TOP