주요 기사 바로가기

韓国SPAブランド、ユニクロの本場・日本に進出

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.03.25 10:48
0
「お客様のようにふくよかな体形には、タイトなワンピースよりboxy(箱形)なジャケットがもっとよく似合うようですよ」。

ガールズグループAFTERSCHOOL(アフタースクール)のメンバーが22日、日本・横浜で衣料品店の一日店員として登場した。日本人の顧客を相手に、どんな服が体形に合うのか選び、求められれば直接サインもした。売り場の前には服も買ってK-POPスターも見ようと数百人余りが列をつくって待った。テレビ朝日や日本経済新聞など50超の日本のメディアも現場で取材合戦を繰り広げていた。この日、横浜そごうデパートの地下1階に555平方メートル(約167坪)の規模でオープンしたMIXXOグローバル1号店の様子だ。

韓国産SPA(製造・流通一括型衣類)ブランドとして、初めてMIXXOが、ユニクロ(UNIQLO)の本場である日本に進出した。日本から輸入したファストファッション文化が、再び日本に逆輸出されたかたちだ。日本MIXXO1号店には女性服や女性下着、雑貨など計約1万種類の商品が用意された。

MIXXOは、イーランドグループが2010年に立ち上げた女性SPAブランドで「SPAO」に続き2番目にリリースされたSPAブランドだ。イーランドは「MIXXOはZARAやH&Mを、SPAOはユニクロをそれぞれ狙いに定めて売り出した」と話した。開店初日のMIXXOグローバル1号店は、開店当日だけで計3000人以上が訪れた。一日の売上額も約330万円と予想目標値を大きく超過して達成した。グローバルMIXXO事業部のチョン・スジョン理事は「国内SPAブランドとして初めて日本に売り場を出すことになり、感激だ」として「グローバルSPAブランドとして遜色のないデザインとサービスで、日本の顧客に愛されるブランドになる」と明らかにした。

イーランドは今回の横浜そごう店オープンを始め3年内で日本国内にMIXXO販売店を30店舗まで拡大するという戦略だ。年売り上げ目標は2000億ウォン(約170億4000万円)とした。また中国にも今年の上半期内にMIXXOを進出させる方針だ。中国で初めての店舗は上海にオープンする計画。イーランドのパク・ソンギョン副会長は昨年12月の記者懇談会で「今年MIXXOとSPAOで中国・日本にあるZARAやH&Mに勝つ」と話した。イーランドは今年6月までSPAOも日本に進出させる計画だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国SPAブランド、ユニクロの本場・日本に進出

    2013.03.25 10:48
    뉴스 메뉴 보기
    韓流ガールズグループAFTERSCHOOL(アフタースクール)のメンバーが22日、日本の横浜そごうデパートに開店するファストファッションブランド「MIXXO」(ミソ)のグローバル1号店の一日店員として登場した。(写真=イーランドグループ)
    TOP