주요 기사 바로가기

北朝鮮が恐れるB-29、韓国戦争では平壌を26分で…(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.03.24 11:42
0
カーター米国防副長官は18日、「19日に韓半島上空でB-52戦略爆撃機の訓練を実施する」と明らかにした。訪韓中に国防部の金寛鎮(キム・グァンジン)長官と面談した直後だった。8日にも同様の訓練があったが、米国防副長官が訓練計画に言及したという点から異例な事例と受け止められた。その後ホワイトハウスと米国防総省では、「(B-52戦略爆撃機の韓半島投入訓練は)定期的な訓練」としながらも、「北朝鮮の威嚇に対応する米国の意志」という立場発表が続いた。

北朝鮮は反発した。外務省報道官は「B-52が再び韓半島に現れれば軍事的対応をする」という声明を発表した。金正恩(キム・ジョンウン)第1書記は20日に地対空ミサイルと無人攻撃機発射訓練場を訪れ、異例にもこのような事実を当日メディアに公開した。北朝鮮がB-52爆撃機の登場自体に脅威を感じるほど深刻に受け止めているという傍証だ。

北朝鮮はなぜこのようにB-52戦略爆撃機に敏感に反応するのだろうか。専門家らは大きく2つの理由を挙げている。まず韓国戦争の際に爆撃を受けた痛みを思い出させるという説明だ。韓国国防部当局者は、「韓国戦争の際に洛東江(ナクトンガン)戦線で最後の攻勢を準備中だった北朝鮮軍に向け98機のB-29爆撃機が26分間に960トンの爆弾を投下しじゅうたん爆撃を加えた。平壌(ピョンヤン)に対しても昼夜にかけて爆撃を加え、戦後平壌にまともに残っている建物がなかったほどだった」と話した。

実際に1994年に死去した金日成(キム・イルソン)主席は生前に、「米軍の爆撃で73都市が地図から消え、平壌には2軒の建物だけが残った」と言及したことがある。2階以上の建物のうち現在平壌第一百貨店に使われる建物程度だけが残った。当時国連軍に制空権を掌握された後打つ手がない状況だった。現在も南北の軍事力のうち空軍戦力はF-15Kなどで武装した韓国側が優位と評価されている。ここに有事の際増員される米軍の戦力を加えれば、北朝鮮としては再び韓国戦争の悪夢を思い出させるほかはない。
北朝鮮が恐れるB-29、韓国戦争では平壌を26分で(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP