주요 기사 바로가기

【時視各角】サイバー“固定スパイ”時代=韓国(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.03.22 14:23
0
KBS(韓国放送公社)水・木曜ドラマ『アイリス2』でパク・テヒ(ユン・ソイ)は二重生活をする固定スパイだ。昼は名門大元学生会長のエリート語学講師だが、夜になると指令を受けて破壊活動をする冷血スパイに変身する。20日の放送では、国家情報機関に侵入し、コンピューターサーバーをハッキングして見つかり、保安要員を殺害する場面が出てくる。ちょうど該当放送局が実際にハッキングされてどたばたした日に放送され、妙な感じを与えた。現実に戻ろう。パク・テヒのようなサイバーテロスパイのリアリティーはどうだろうか。やはり落ちる。保安要員に発覚して騒ぎを起こし、成果は少なかった。少なくとも韓半島では他の存在がパク・テヒの代わりをする。知能型悪性コードがまさにそれだ。

3・20ソウルサイバーテロの背後はまだ明確ではない。心証はあっても物証が足りない。一方、ハッキングパターンはほとんどすべて明らかになった。2009年の政府サイト攻撃、2011年の農協ハッキング、2012年の中央日報ハッキング事件と似ている。コード名・侵入経路などが少しずつ違うだけで、一連の事件ともに狡猾な悪性コードの仕業だった。これはサイバー世界の固定スパイに例えることができる。

固定スパイは身分を偽装する。教授・講師・社会運動家などがよく使われる仮面だ。今回のソウルサイバーテロで悪性コードは、ワクチンという服を着てコンピューターネットワークに侵入した。以前の事件では電子メールやインターネットアドレスに偽装した。今回の出入り口はアップデート管理サーバーだった。過去のいくつかの事件では使用者のパソコンだった。サイバー固定スパイはいくつかの出入口からさまざまな服を着て侵入を試み、引っかかればそれまで、通過すれば入ってきて住み始める。常駐期間は2-6カ月だった。

スパイは偽装生活をしながら背後に情報報告をし、周辺人物を抱き込む。常駐を始めた悪性コードも暗中飛躍した。随時データを集め、背後のハッカーに報告し、自分と同じ悪性コードを周辺に感染させていった。アナログスパイは見つからないよう乱数表といくつかの電話機を使う。最近発生した一連のサイバーテロで、ハッカーはばれないように海外サーバー10カ所以上をぐるぐる回って攻撃を試みた。


【時視各角】サイバー“固定スパイ”時代=韓国(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP