주요 기사 바로가기

【社説】青瓦台の検証システムの根本的見直しを=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.03.22 09:58
0
江原道(カンウォンド)建設会社の性接待疑惑に巻き込まれた金学義(キム・ハクウィ)法務部次官が昨日、辞表を出した。任命から8日目だ。金次官は疑惑を強く否定しながらも、メディアに名前が出たことに負担を感じて退くようだ。

真相は捜査で明らかになるだろうが、疑惑が浮上した金氏を法務部次官に起用するまで、青瓦台(チョンワデ、大統領府)の人事検証システムは違う次元の問題を表わした。他でもなく司政当局の幹部だからなおさらだ。

性接待疑惑に対する警察の内偵は次官人事の前に行われた。また青瓦台民政ラインが性接待の噂に接したのが2月末だった。民政ラインは直ちに検察と警察に確認し、当事者の夫人と警察の説明を土台に「問題ない」という結論を出したという。しかし真偽はさておき、性接待疑惑に司政当局の幹部の名前が出てくること自体が普通でない。芸能人のスキャンダルのように数日間騒いで終わる問題ではない。青瓦台と司政当局の権威と信頼に大きな汚点を残すかもしれない懸案だ。青瓦台がこれを問題視しなかったとすれば、非常に安易な判断だ。

検証が甘いという指摘に対し、青瓦台の金杏(キム・ヘン)報道官は昨日、「本人にすべて確認した。違うと言うのをどうしろというのか」と述べた。青瓦台民政ラインは何をするところなのか。本人に尋ねて終わらせるのが検証なのか。これまで青瓦台は公職者の人事検証をこのように行ってきたのか。メディアが先に疑惑を提起するまで、青瓦台は何を検証したというのか。

しかも金次官の辞退に対し、青瓦台は責任を取る姿を見せていない。ただ報道官を通じて第三者のように論評をして済ませた。辞表は手続きに基づいて処理されるはずで、これについて青瓦台がさらに言及することはないということだ。

今回の事件に向けられた国民の視線は普通でない。単なる好奇心のためだけではない。韓国社会で力と金がある有力層がどう癒着しているかを赤裸々に見せる事件であるからだ。捜査の結果によっては国民的な公憤を刺激する可能性がある。青瓦台がこうした状況を予想しながらも人事をしたのなら判断錯誤であり、警察の内偵情報を確実に把握できずに人事をしたのなら不良検証だ。また人事の前にこの内容を朴槿恵(パク・クネ)大統領にきちんと報告しなかったのであれば、補佐のミスも加わる。

いずれにしても青瓦台の民政・政務・人事ラインは機能不全に陥ったという批判を避けられない。こうした人事事故はすでに何度目なのか。さらに手遅れとなる前に、疑惑の真相とは関係なく、青瓦台の人事検証システムを根本的に見直す必要がある。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP