주요 기사 바로가기

日本の南海トラフ大地震の時は被害2578兆ウォン

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.03.20 11:18
0
日本の東京から約150キロ西側の太平洋沿岸にある静岡県から九州・宮崎県近海に達する長さ750キロの“南海トラフ”でマグニチュード(M)9.1の大地震が発生する場合、最大220兆3000億円(約2578兆ウォン)の被害が発生すると日本政府が明らかにした。この被害想定額は日本の国内総生産(GDP)の42%にあたり、3.11東日本大震災被害額の約13倍に達する。

日本の内閣府は18日、これらの被害想定額を明らかにしつつ「これは千年に一度あるいはさらに低い発生可能性の大地震だが、明日起きるかも知れないという前提のもとで最悪のシナリオを導き出したもの」としながら「政府の今回の発表に合わせて耐震・防火などの対策を講じる場合は、被害を半分ほどの118兆円に減らせる」と発表した。

政府の試算によれば、南海トラフ大地震による死亡者は最大32万3000人に達し、北海道と東北6県を除いた40都道府県に被害が及ぶと予想された。静岡県と四国の高知県では津波の高さが最大34メートルに達すると想定。日本政府は南海トラフ大地震が発生する場合、81兆円の被害が予想されるという想定値を2003年に発表した。10年で想定被害規模が3倍にふくらんだことになる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP