주요 기사 바로가기

犬好きの朴槿恵大統領、青瓦台でも珍島犬とともに

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.03.17 12:49
0
主人に対する服従と忠誠心が他の動物より格別に優れ人々に愛される「犬」。いつも主人のそばを守る「忠犬」として賞賛を受けたり「愛玩犬」として第2の家族構成員になったりもする。このように忠誠にあふれる犬は一国の指導者にも愛される対象だ。すべての権力の頂点に立っているが最も孤独にならざるをえない席。最上の孤独をかみしめていた彼らに愛玩犬は最も近い友であり第1の参謀だった。朴槿恵(パク・クンヘ)大統領も新しい家族とともに青瓦台(チョンワデ、大統領府)に入った。先月25日に三成洞(サムソンドン)の自宅を離れる際に住民たちからプレゼントとしてもらった珍島犬2匹だ。彼らの名前は「新しい希望」という意味の「セロム」と「希望」と付けられた。

朴大統領の犬好きは広く知られている。1970年後半には青瓦台で朴正熙(パク・チョンヒ)元大統領とともにスピッツの「パンウリ」を育てた。朴大統領父子が一緒に写った過去の写真にしばしば登場する子犬がパンウリだ。特に朴元大統領はパンウリの肖像画まで直接描き、熱い夏の日にはうちわであおいで暑さを冷ますほど大事にしたという。

朴元大統領が逝去すると元気がなくなったパンウリは、二度と自分の前に現れない朴元大統領の部屋をのぞき込んでは亡き主人のスリッパの上で眠ったりした。朴大統領は2004年にミニホームページに「両親が亡くなった後もずっと私とともに過ごしたパンウリが死んでからは、心が痛くて子犬を育てるのが怖くなった。情が移り、また別れ、そして懐かしさが…」と切ない心境を表わしている。

朴大統領はその後、弟から珍島犬「ポンダリ」と「ポンスギ」をプレゼントされ三成洞の自宅でともに過ごした。2匹から生まれた9匹の子どものうち、オス4匹に「乾」「坤」「坎」「離」、メス3匹に「青」「紅」「白」という名前を付け2005年には一般に分譲したりもした。だが、ポンダリとポンスギまで死んでからは最近まで犬を再び育てる勇気を出せなかったという。

パンウリの前に朴元大統領のそばには珍島犬が1匹いた。陸英修(ユク・ヨンス)夫人死去後の75年、珍道郡守がプレゼントした珍島犬だった。朴元大統領は「珍島」と呼んで心を込めて育てた。珍島は大統領に絶対的に忠誠を尽くした。しかし他の人には非常に攻撃的だった。本館2階に上がった当時の車智チョル(チャ・ジチョル)青瓦台警護室長が走ってきた珍島にお尻をかまれたという逸話は有名だ。結局78年に珍島は新堂洞(シンダンドン)にあった朴元大統領の私邸に“隔離措置”された。

その後朴元大統領が時々私邸に立ち寄るときは車が視野から消えるまで尻尾を振っていたという。だが寂しさに勝てなかったのか、珍島は1年後の79年春に死んだ。朴元大統領は「ちゃんと埋めてあげなさい」と指示を与えたという。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    犬好きの朴槿恵大統領、青瓦台でも珍島犬とともに

    2013.03.17 12:49
    뉴스 메뉴 보기
    住民から贈られた珍島犬を抱きかかえる朴槿恵大統領。
    TOP