주요 기사 바로가기

東日本大震災後に急減した日本製オムツ、売上が回復=韓国

ⓒ 中央日報日本語版2013.03.15 10:11
0
韓国の東亜日報は、2011年3月の東日本大震災以降に急減した日本製品の売上が2年ぶりに地震前の水準まで回復したと15日、報道した。

同紙によると、円安長期化による販売価格ダウンの効果が本格的に表れ始めているためだと分析している。

昨年6月4日、100円=1514.8ウォンで過去1年基準で最高点を記録したウォン・円レートは、14日現在で1147.6ウォンまで落ちている。日本製のオムツのうち、「GOO.N(グ~ン)」の値段は昨年末の6万9900ウォンから14日の6万5900ウォンと5.7%、「メリーズ」は7万1000ウォンから6万6500ウォンと6.3%下がった。これらのオムツの売上は昨年末から増加の一途で、地震前の98.2%水準まで回復したという。

また、韓国のオンラインショッピングサイト「新世界モール」は先月中旬、日本製のオムツ1万パックを直接購入するなど、入店メーカーの販売手数料で収益を上げているオンラインショッピングサイトとしては異例の直接購入を行うほど、日本製オムツの需要が最近急増していると伝えた。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP