주요 기사 바로가기

金正恩、核ゲームの標的をワシントンからソウルへ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.03.09 09:48
0
ワシントンを狙っていた北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)の核打撃威嚇がソウルに旋回する雰囲気だ。3度目の核実験を受け、国連安全保障理事会の追加制裁決議第2094号が8日に出てきたが、北朝鮮は米国より韓国への軍事威嚇に集中した。長距離ロケット発射による対北朝鮮制裁が出た1月、米国を目標に核実験を公言した当時とは違った。

北朝鮮の朝鮮中央通信は8日、最高司令官の金正恩が国連決議案が出る前日の7日、西海(ソヘ、黄海)最前方部隊の茂島・長在島防御隊を訪問したと報じた。この防御隊は延坪島砲撃挑発(2010年11月)を主導した部隊。現地で金正恩は「戦線部隊をはじめとする陸・海軍と航空および反航空軍(韓国の空軍に相当)、戦略ロケット軍の将兵が、われわれ式の全面戦争を開始する万全の準備を終えた」と述べた。

中央通信は、金正恩が西海5島に配置された敵(韓国軍)の新しい火力打撃手段と対象物を具体的に再確定し、精密打撃手順と秩序を規定した、と伝えた。これに対し韓国国防部は「北朝鮮が核先制打撃の権限を行使すれば、金正恩政権の消滅につながるだろう」(キム・ミンソク報道官)と警告し、南北間の軍事緊張が高まっている。

金正恩の西海最前方訪問には、戦争前に司令官が最終検閲を行うような雰囲気が漂った。政府当局者は「昨年8月の金正恩の茂島訪問も乙支フリーダムガーディアン演習を控えた時点に行われた」とし「軍事訓練を口実に対南強硬の雰囲気を表した」と述べた。5日まで労働新聞を通じて「ワシントンとソウルを火の海にする」と脅迫していた北朝鮮が突然、標的を南に変え、韓国を担保にした核ゲームで米国に圧力を加えようとしているという分析が出ている。

ある当局者は「中国まで国連安保理の追加対北朝鮮制裁に参加した中、米中を相手に核・ミサイル挑発の強度を高めるのが負担になったはず」と述べた。これに先立ち、金正恩は元NBA(全米バスケットボール協会)スター選手のデニス・ロッドマン氏を平壌(ピョンヤン)に招待し、対米柔軟ジェスチャーを見せたが、成果はなかった。核・ミサイル挑発に対し、オバマ政権は対話の窓を閉じたまま断固たる態度を見せている。対米交渉の試みが失敗に終わったため、韓国を担保にして米国に圧力を加えるという観測も出ている。

対南機構の祖国平和統一委員会はこの日、具体的な行動措置も出した。▽南北不可侵合意の全面破棄▽南北非核化共同宣言の白紙化▽板門店(パンムンジョム)南北連絡チャンネルの閉鎖--を明らかにした。不可侵合意破棄時点は11日とした。韓米指揮所訓練のキーリゾルブ合同軍事訓練(11-21日)が始まる日だ。韓米は1日から2カ月間のトクスリ訓練を進行中で、例年の軍事訓練に対し北朝鮮は「核戦争騒動」と非難するなど敏感な反応を見せてきた。南北間の直通電話はこの日に遮断すると明らかにした。

金正恩のこうした強力な対南圧力をついて、軍部強硬派に振り回されているという観測が出ている。権力基盤がぜい弱な状況で、最高指導者の信任を受けるための軍部中心人物の忠誠競争過程で、強硬な声が出ているということだ。朴槿恵(パク・クネ)政権の対北朝鮮政策を探索し、新しい安保チームの対応力と韓米協調を試しているという分析もある。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP