주요 기사 바로가기

【取材日記】スポーツをつぶす八百長の罠=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.03.07 18:03
0
「カン・ドンヒ監督まで? いったいどうして? 信じられない、事実でなければいい」。

プロバスケットのスター選手だったカン・ドンヒ原州東部プロミ監督が八百長疑惑で検察に召喚される、という話を聞いたバスケット界関係者とスポーツファンの反応だ。 2011年5月のプロサッカーの八百長から、バレーボール、野球、バスケットと、プロスポーツ4大メジャー種目すべてに波紋が広がった。 「来るべきときが来た」「クリーンなところなどあるのか」と、怒りを越えてあきらめの声を出すファンもいる。

八百長を根絶するのは不可能に近い。 スポーツベッティングがあるかぎり、八百長をたくらむ勢力があり、誘惑に駆られる選手・審判・監督が出てくる。 八百長に引き込む手法は、分かっていても引っかかるほど巧妙で執拗だ。 脅迫、懐柔、泣訴など各種方法が動員される。

接近は同僚・先輩・後輩など普段からよく知る人物を通じて行われる。 八百長に巻き込まれたが、千辛万苦の末に無罪判決を受けたサッカー選手のイ・ジョンホ(32、釜山アイパーク)は「同僚が『暴力団から脅迫されている。 八百長をしなければ自分と家族が死ぬかもしれない。 頼むから一度だけ助けてほしい』で頼んでお金を置いて行った。 後に知ったが、私を引き込むための嘘だった」と話した。

こういう形で足を踏み入れた後、1回、2回と八百長をすれば、ますます大胆な要求をしてくる。 暴力団の脅迫、殴打につながったりもする。

カン・ドンヒ監督の調査と関連し、プロバスケット連盟(KBL)は「検察の公式的な調査が行われる際は真相が究明されるよう積極的に協調する方針で、捜査の結果によっては厳重な措置を取る」と明らかにした。 ひとまず検察の調査を見守るということだ。 こうした受動的な態度では八百長を根絶することはできない。 自発的に患部をえぐり出す意志と努力が必要だ。 適当に済ませれば八百長が蔓延するおそれもある。

八百長に最も賢明に対応したのはプロサッカーだ。 事件が浮上した後、わずか6日間で約1300人の選手と関係者を集めてワークショップを開き、自主申告を誘導した。 誓約書を受け、教育も強化した。 選手の銀行口座を照会できる装置も用意した。 八百長予防のために潜行監察もした。

八百長は選手自身が流してきた汗はもちろん、その種目に入門しようとする幼少年の夢まで踏みにじる行為だ。 スポーツの根幹を破壊する犯罪だ。 スポーツの価値を守るためには、八百長勢力に対抗し、力と知恵を集めなければならない。 司法当局は専門捜査処を設置し、スポーツ界の毒キノコを根絶する必要がある。

イ・ヘジュン文化スポーツ部門記者

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP