주요 기사 바로가기

<WBC>韓国代表、沈黙の中で帰国…「申し訳ない」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2013.03.07 09:02
0
四方でカメラのフラッシュが光り、韓国選手団の顔を反射した。しかし誰も笑わなかった。そして沈黙が流れた。

ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)1次ラウンドで敗退した韓国代表が6日午後、仁川(インチョン)空港に到着した。先月11日に「野球グランドスラムを達成します」というカードを掲げたその場所だった。しかし当時の自信に満ちた表情とは全く違っていた。

柳仲逸(リュ・ジュンイル)監督(50)は公式インタビューは控え、「本当に申し訳ない。シーズンが始まればファンに良い姿を見せたい」と頭を下げた。前日の台湾戦の後、「選手は最善を尽くした。最高の選手たちを集めた。監督の力が足りなかった」と選手をかばってファンに謝った柳監督は、韓国に到着しても「申し訳ない」という言葉を繰り返さなければならなかった。

柳監督より先に出国フロアを通過した選手は、取材陣とファンのあいさつに頭を下げるだけで、言葉はなかった。言いたいことがあっても言えない状況だった。家に向かうためタクシーを待っていたある選手は「今は何を言っても非難を受けるだろう。実際、私たちが甘受しなければいけない部分でもあり…。私たちも結果に当惑している」と話した。

最後の国際舞台だった李承ヨプ(イ・スンヨプ、37、サムスン)だけが“公式の席”に立った。李承ヨプは硬い表情で「大きな期待を受けていたが、2次ラウンドに進出できず申し訳ない。2勝1敗でも次のラウンドに進めないのが残念だ。オランダ戦の点差がもう少し小さければ…」とし「選手の体づくりの過程が各自違うので、混乱があったようだ。(打撃不振に対する非難は)1次ラウンドで脱落したので甘受しなければいけない部分のようだ」と話した。

韓国代表チームと一緒に帰国した金寅植(キム・インシク)韓国野球委員会(KBO)技術委員長(66)は「オランダ戦で3点だけでも…」と悔しさをにじませた。初戦のオランダ戦で5-0と敗れた韓国は、1次ラウンド終始、その悪夢と戦った。「オランダ戦で3点だけでも失点を抑えていれば…」。空しい仮定が代表チーム選手団の頭に残った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <WBC>韓国代表、沈黙の中で帰国…「申し訳ない」

    2013.03.07 09:02
    뉴스 메뉴 보기
    柳仲逸(リュ・ジュンイル)韓国代表監督
    TOP