주요 기사 바로가기

<WBC>阪神、“韓国セーブ王”呉昇桓の調査へ

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2013.03.05 16:00
0
日本プロ野球の阪神タイガースが呉昇桓(オ・スンファン、31、サムスン)に関心を見せている。

日本のデイリースポーツは5日、「阪神、韓国セーブ王を調査!」という見出しの記事を掲載した。 阪神がWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)で連日好投している呉昇桓に興味を示しているのだ。

デイリースポーツは「(呉昇桓は)かつて中日に在籍し、コリアンエクスプレスの異名を取った宣銅烈(ソン・ドンヨル)を超える男と称される。 2年連続で韓国セーブ王に輝いた」と説明した。

呉昇桓はWBC第1ラウンド初戦のオランダ戦で、8回一死二、三塁で登板し、2者を連続三振に仕留めた。 豪州戦では9回に抑えで登板し、1イニングを2奪三振、無失点に抑えた。 今大会で呉昇桓は計1イニング2/3を4奪三振、無失点と連日好投している。

国内で8年間プレーした呉昇桓は昨季終了後、球団の同意の下、海外進出資格を獲得した。 しかし2013に韓国シリーズ3連覇を狙う球団の説得で日本プロ野球進出を断念した。 呉昇桓は今季後、FA(自由契約選手)資格を取得する。

デイリースポーツは呉昇桓を「奪三振マシン」と表現し、能力を高く評価した。 また「(呉昇桓は)韓国で458回2/3を投げて571奪三振。奪三振率は驚異の11・20」とし「最速157キロの快速球とスライダーが武器で、今も直球は150キロをアベレージで出す。技術、精神の両面でレベルが高い」と伝えた。

阪神の守護神・藤川球児は昨季後、FA資格でメジャーリーグのシカゴ・カブスに移籍した。現在、藤川の空席は先発だった久保康友が埋めている。 デイリースポーツは「久保の成否を問わず、今年7月に31歳を迎える右腕が加入すれば、14年シーズンの展望も広がる。呉昇桓はすでに代理人の選定を済ませ、新たな挑戦に踏み出す下準備を整えている。争奪戦は今後、さらに熱を帯びていくだろう」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <WBC>阪神、“韓国セーブ王”呉昇桓の調査へ

    2013.03.05 16:00
    뉴스 메뉴 보기
    呉昇桓(オ・スンファン、31、サムスン)
    TOP