주요 기사 바로가기

円安でも「コスト上昇」…輸入化粧品また値上げ=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.03.05 15:33
0
海外化粧品・ブランド品が人気品目を中心に次々と値上がりしている。 特に、昨年以降ウォン高が進んでいる状況でだ。 ウォン安になるとそれを理由に値上げし、ウォン高になった現在は「コスト上昇」を理由に値上げしているのだ。 韓欧、韓米自由貿易協定(FTA)妥結による関税引き下げも、こうしたブランド品の価格には影響を与えていない。

P&Gの化粧品ブランドSK-IIは今月1日からブランド全製品のデパート・免税店・機内化粧品販売価格を平均3%引き上げた。 SK-II製品のうち最も人気がある「フェイシャルトリートメントエッセンス」は150ミリリットル基準でデパート販売価格が16万5000ウォンから17万5000ウォンに、215ミリリットルは18万9000ウォンから19万9000ウォンに5.2%上がった。 同じブランドの「セルミネーションエッセンス」(50ミリリットル)は22万9000ウォンから24万3000ウォンへと6.1%上がった。 SK-II製品はすべて日本で生産されている。 韓国P&Gの関係者は「円安になったが、原材料費・人件費がともに上昇し、これを反映せざるをえない」と主張した。

スイス化粧品ラ・プレリーも今月1日、スキンケアの全製品の価格をデパート・免税店で同時に引き上げた。 「セルラー・アイクリーム・プラチナム・レア」は44万ウォンから45万8000ウォンに、「エッセンス・オブ・スキン・キャビア・アイ・コンプレックス」は17万5000ウォンから18万1000ウォンに値上がりした。 一部の海外化粧品企業はデパート価格は引き下げ、免税店価格だけを引き上げた。 ロレアル・パリ、ランコム、ヘレナルビンスタイン、ベネフィット、エスティローダーなどが価格を最高3.5%引き上げた。 業界関係者は「ウォン高のため免税店の価格が相対的に安くなると、デパート価格を引き下げる代わりに免税店価格を調整したとみられる」と述べた。

バッグ・香水などを売る海外ブランド品企業も今年に入って次々と値上げしている。 イタリアのグッチは1月中旬、人気ハンドバッグと財布の一部の品目を4-11%値上げし、フランスのシャネルも先月、化粧品と香水の価格を平均4%引き上げた。 デパートでシャネルのアイシャドウ製品「イリュージョン・ドンブル・エブルイ」は2.2%上がり、「シャネル・ル・ブラン・メークアップ・ベース」は6万5000ウォンから6万8000ウォンへと4.6%上がった。 エルメスのハンドバッグ「ケリー」は最近、998万ウォンから55万ウォン値上がりし、1000万ウォンを超えた。 まだ値上げしていないセリーヌも春の新商品の衣類とバッグを5%ほど値上げする予定だ。

問題は、ブランド品の値上がりが国内のマステージ(準名品)ブランド品価格にも影響を与えている点だ。 MCM、メトロシティ、ルイカトズ、クロンヌなど国内バッグ・雑貨ブランドは最近、コスト上昇を理由に最高9%ほど値上げした。 MCMの「トート&ショルダーバッグファーストレディー」バッグは60万ウォンから65万5000ウォンへと9.1%、メトロシティもトートバッグ「MF402」は57万9000ウォンから61万9000ウォンへと6.9%上がった。 クロンヌも「ダイアナ」バッグを58万5000ウォンから62万5000ウォンに引き上げた。

匿名を求めたファッション業界の関係者は「バッグやハンドバッグは誇示型消費製品で、価格が安いからといって購入する製品ではない」とし「外国ブランド品が値上がりすれば、国産品との価格差がそれだけ開くため、価格を上げるしかない状況」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    円安でも「コスト上昇」…輸入化粧品また値上げ=韓国

    2013.03.05 15:33
    뉴스 메뉴 보기
    SK-II「セルミネーションエッセンス」
    TOP