주요 기사 바로가기

朴大統領「国政停滞の長期化、恐縮している」…就任8日で国民向け談話

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.03.04 15:02
0
朴槿恵(パク・クネ)大統領が午前10時、青瓦台(チョンワデ、大統領府)で国民向けの談話を発表した。就任8日ぶりに国民の前に出た朴大統領は、政治力の不在で国政の停滞が長期化する状況に対し謝罪しつつ、未来創造科学部の新設に関する趣旨やその目的を直接説明した。

朴大統領は「申し訳なく、恐縮している」というあいさつから始めた。次に「新政府が発足して1週間が過ぎても、政府組織法が国会を通過できないのは憲政史上初めてのことで、新政府が国政運営を進められない状況だ。与野党代表との会談も受け入れられない状況が残念だ」と話した。

そして朴大統領は、金鍾勲(キム・ジョンフン)未来創造科学部長官候補者が辞意を示したことに対する心境を明らかにした。朴大統領は「金鍾勲候補者が辞意を明らかにした。未来創造のために三顧の礼を尽くして来ていただいた方なのだが、われわれの政治の現実を見て辞意を示したことが 残念だ」とし「祖国のために戻ってきた人材を挫折させてはいけない」とした。

政府組織の改編案に対する説明もあった。朴大統領は「今回の改編案は長い時間、苦心と細心の注意を払って検討し出来上がった。新しい成長動力をつくって国家経済力を強化し、より良い雇用を数多く作り出して国民の生活をもっと向上させるという目標のために、どんな政治的な私心も入れなかった。一部で主張するメディア掌握の意図もないし法的に不可能だ。大統領としての真心を、国民の皆さんに理解していただきたい」と述べた。

最後に、朴大統領は野党に対話を要求した。朴大統領は「今でも青瓦台の面談要請に応じてもらいたいと思っている。私たちに与えられた日が今後10年、100年の未来を左右するのだから、1時間も1分1秒も無駄にはできない」とし「国民の皆さんに訴えたい。一日もはやく政府組織改編案が国会を通過することができるよう国民の皆さんの力を合わせてくださるようお願い申し上げる」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    朴大統領「国政停滞の長期化、恐縮している」…就任8日で国民向け談話

    2013.03.04 15:02
    뉴스 메뉴 보기
    朴槿恵(パク・クネ)大統領
    TOP