주요 기사 바로가기

<WBC>危機の韓国代表、“逆転”なるか

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2013.03.03 18:14
0
まだ終りではない。韓国の野球代表チームは過去にも初盤の不振を乗り越えてきた経験が幾度もある。2000年のシドニー五輪(オリンピック)と2009年の第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)大会が代表的な例だ。

13年前、シドニー五輪に出場した代表チームは、フルリーグで行われた予選初戦でイタリアを10-2で退け、気持ちの良いスタートを切った。しかし開催国オーストラリアに敗北した。先発の鄭ミン台(チョン・ミンテ)が2回でマウンドを去り、具台ソン(ク・デソン)とソン・ジヌ、林昌勇(イム・チャンヨン)を切れ目なく投入したが3-5の逆転負けを喫した。韓国はその後、キューバと米国にも相次いで負け、1勝3敗で予選敗退の危機に直面した。その上、代表選手がカジノへ行ったという事実が伝えられ、代表チームはまさに四面楚歌の状況になった。

しかし逆転劇が起きた。その足がかりを作ってくれた相手は今回のWBC初戦で韓国に危機に陥れたオランダだった。韓国は朴石鎮(パク・ソクジン)の8イニング無失点投球でオランダを2-0に抑えた。続いて日本と南アフリカ共和国を連破して4勝3敗を記録し、4位として準決勝に勝ち進むという奇跡を演出した。韓国は3位決定戦で再び対戦した日本に3-1で勝利し、銅メダルをつかみ取った。

当時、司令塔だった金応竜(キム・ウンヨン)監督(現ハンファ)は「大変な事になったと思ったが、死にかけて息を吹き返した。日本に勝って雰囲気がよくなった」と回想した。

2009年のWBCでは衝撃のコールドゲーム敗を克服した。韓国は第1ラウンド初戦で、台湾に9-0で完勝を収めた。しかし2戦目で対戦した日本との試合は悪夢同様だった。信じていた“日本キラー”金広鉉(キム・グァンヒョン)が先発を投げたが、2イニングの途中までで8点を浴びてしまった。続いて登場した投手陣も、火がついた日本打線を阻むことができなかった。打線も1回、キム・テギュンのツーランホームランで2点を挙げたのが全てだった。2-14、7回コールドゲームでの敗北という大きな屈辱だった。当時も代表チームの戦力に不安な視線が注がれていた。

しかし次の試合で韓国は格下の中国を相手に14-0、7回コールドゲームで勝った。自信感を取り戻した選手たちは第1ラウンド最後の試合で日本に1-0で雪辱を果たした。米国で行われた第2ラウンドでも、2連勝して準決勝進出を確実にした韓国は、準優勝という歴代最高成績に大会を終えた。イ・グァンクォンJTBC解説委員は「オーストラリア戦で雰囲気を逆転させれば、台湾とも十分戦える」と見込んでいる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <WBC>危機の韓国代表、“逆転”なるか

    2013.03.03 18:14
    뉴스 메뉴 보기
    WBC韓国代表チーム
    TOP