주요 기사 바로가기

<WBC>日本メディア「ライバルの韓国が敗退危機」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2013.03.03 17:44
0
韓国WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)代表チームが2日のオランダとの初戦に敗北したことについて、日本メディアもこれ以上なく高い関心を示した。

日本の日刊スポーツは3日、「日本の永遠のライバル韓国が、いきなり敗退危機に立たされた」と報道した。続いて「初戦でオランダと対戦し、打線が4安打と振るわずに完封負け。守備も4失策と自滅」とし「WBC全出場国で通算勝率はトップ(12勝4敗)を誇っており、日本以外に敗れるのは初の屈辱だった」と伝えた。

第1回大会で4強(6勝1敗)、第2回大会では準優勝(6勝3敗)に勝ち上がってきた韓国代表チームが、これまでWBCで敗れた国は日本だけだった。

同記事では「韓国代表は昨年11月のメンバー発表後から受難続きで、ケガなどで主力6人が出場を辞退するなど、大幅な戦力ダウンを強いられた」と指摘し、「台湾合宿では実戦6試合で奪った平均得点が2点強」と伝えた。

スポーツ報知も「前回大会で準優勝した韓国がオランダに0―5に敗れた」と伝えた。同紙は「柳仲逸(リュ・ジュンイル)監督自ら打線に関しては“ドリームチーム”と豪語していた自慢の打線がまったく機能しなかった」とし「試合後、柳監督が『史上最低の試合の一つを見せてしまった』と嘆いた」と報道した。

一方、日本は2日、ブラジルとの第1ラウンド初戦で5-3で勝利した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <WBC>日本メディア「ライバルの韓国が敗退危機」

    2013.03.03 17:44
    뉴스 메뉴 보기
    韓国WBC代表チームが2日のオランダとの初戦に敗北した。
    TOP