주요 기사 바로가기

<WBC>第1ラウンド控えて各国が激しい情報戦

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2013.03.01 16:46
0
ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)を控え、各国の情報戦が激しい。

日本の日刊スポーツは1日、「韓国が“鉄のカーテン”で侍を締め出した」とし「WBC日本代表の情報収集チームが、第2ラウンドで対戦する可能性のある韓国から“締め出し”を受けていたことが28日、分かった」と報じた。

この記事は「日本の調査部門が2月下旬に台湾に渡り、韓国の情報を得ようと試みたが、練習試合はおろか、通常の練習も完全非公開となり、映像をゲットすることができなかった」と伝えた。日本代表の関係者は「本戦が始まれば試合をチェックできるが、限りがある。少しでも多く事前情報を得ておきたかった」と話した。

大会を控えて情報戦が激しくなっている。第1ラウンドで韓国と対戦する台湾の関係者は先月19日、審判練習生だと偽って韓国代表の練習に潜入した。しかし首につけた小型カメラで撮影を試み、韓国野球委員会(KBO)関係者に見つかった。

翌日(20日)、この事件に対して台湾プロ野球連盟(CPBL)が公式的に謝罪した。CPBL事務総長は「過剰意欲で礼儀を欠いたことについて公式的に謝罪する」とし「該当戦力分析要員を懲戒する」と述べた。

今大会の韓国代表は特に投手の不参加が相次ぎ、メンバーが大きく変化している。日本代表チームの関係者は「台湾と韓国の練習試合を見ておきたかったが、大きな問題はないと思う」と前向きに語った。情報収集チームは1日、また台湾に渡り、“ライバル”チームの最新情報を入手する予定だと伝えた。

一方、日本の東京スポーツは先月25日、「豪州代表のディーブル監督が米国代表のスパイになった」と報じた。豪州代表のある関係者の話を引用し、「ディーブル監督と米国代表のトーリ監督(73)は親しい。最近トーリ監督から『壮行試合で対戦する日本の最新データを含め、我々にすべての情報を提供してほしい』と言われ、ディーブルは『ノープロブレム』と快諾した」と伝えた。

先月23、24日、豪州と壮行試合を行った日本は、代表チームの戦力や重要情報が米国に渡ることを懸念した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <WBC>第1ラウンド控えて各国が激しい情報戦

    2013.03.01 16:46
    뉴스 메뉴 보기
    ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)
    TOP