주요 기사 바로가기

韓国前高官「北政権を揺さぶるほどの核放棄圧力を」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.02.28 10:31
0
「北が核を放棄しなければ、核のために政権が滅ぶほどのレベルの制裁を加えなければならない。金正恩(キム・ジョンウン)に核と政権のうち二者択一をさせるのが、北核を対話で解決する唯一の方法だ」。

千英宇(チョン・ヨンウ)前青瓦台 (チョンワデ、大統領府)外交安保首席が27日、中央日報とのインタビューでこのように述べた。千前首席は2010年10月、李明博(イ・ミョンバク)政権の最後の外交安保首席に就任し、25日に退任するまでの2年4カ月間、外交安保の指令塔を務めた。

千前首席は北朝鮮の核能力について、「日本の広島と長崎に投下された原子爆弾に比べ、3分の1-4分の1ほど爆発力を確保した水準」とし「北の核技術力が向上したという点のほか、北に核があると信じさせたという点で、より大きな目的を達成した」と評価した。また「核兵器の段階に達するには、より多くの核実験が必要になるだろう」と分析した。

一部で提起された戦術核の再配置と核保有論に関しては、「政治家が騒ぐかもしれないが、実際に核武装をすれば反米勢力を結集させ、副作用がより大きくなるだろう」とし「北が核を武器化したと仮定し、十分な軍事的対応をしなければならない」と強調した。

以下は問答。

--北の追加核挑発を防げなかった。

「何より核挑発をした北に1次責任があるが、韓米中は北の考えと行動を変える努力を最適化できなかった。韓米中は北核を解決する政策手段が多かったが、きちんと使う政治的な意志が足りなかった」

--具体的に何か問題があったか。

「北に圧力を加える手段の8割ほどを握っている中国は、非核化より北の体制の生存を優先した。米国はイランに対する制裁を北より強くしながらも、北に対しては外交的に声を高めるだけだった。金大中(キム・デジュン)・盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権の10年間、非核化しなくても支援したことで、北が核を開発する財政的環境を与える過ちを犯した」

--金正日(キム・ジョンイル)の死後も北に急変事態はなかった。

「李明博(イ・ミョンバク)政権の圧力政策のため、金正日は大きなストレスを受けたはずだ。そのために早く死亡したのかもしれない。過去5年間、急変事態はなかったが、前向きな変化のエネルギーを北に与えたし、その力は大きくなるだろう」

--金正恩体制は定着したのか。

「昨年、先経政策は根本的な改革ではなく、窮余の策レベルの経済改善措置にすぎなかった。経済問題が深刻になり、チュチェ(主体)思想が実存問題を解決できないという認識が広まり、民心が悪化した」

--南北首脳会談は結局、不発に終わったが。

「李明博大統領の対北政策で大きな業績は、北の首脳会談の誘惑に最後まで乗らなかったことだ。金正日は首脳会談カードで南朝鮮を自由に動かすことができるという幻想を抱いていたが、李大統領がそれを破った」

--北朝鮮が09年、首脳会談の見返りに5億-6億ドル分の物資を要求してきたが。

「食糧や肥料など5億ー6億ドル分の物資のほかにも、途方もない要求条件があったが、まだ公開することはできない」

--統一を議論するほど韓中は近くなったのか。

「首脳会談で北の運命について議論するのがタブーとされた時代は確実に過ぎた。2010年以降、私たちが先に統一問題を提起し、中国が傾聴する態度を見せた」

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国前高官「北政権を揺さぶるほどの核放棄圧力を」

    2013.02.28 10:31
    뉴스 메뉴 보기
    千英宇(チョン・ヨンウ)前青瓦台外交安保首席
    TOP