주요 기사 바로가기

朴大統領が麻生副総理と会談、「歴史直視すべき」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.02.26 08:50
0
朴槿恵(パク・クンヘ)大統領は就任初日の25日、6カ国の代表と会った。午後1時12分に青瓦台(チョンワデ、大統領府)に到着した朴大統領は、午後4時から世宗(セジョン)文化会館で開かれた就任慶祝宴会に参加した1時間ほどを除き、3時間半の間に30~40分間隔で外交使節と面会した。周辺4大国のうち米国を除く日本、中国、ロシアの使節と先に面談し外交活動を始動した。このうち半分が女性だった。

最初の面会者は同じ女性指導者であるタイのインラック首相だった。朴大統領は「初めての外国のお客だ。長く記憶に残りそうだ」と話し、「忙しいのに就任式に参加して下さり感謝する」と歓迎した。インラック首相は「タイ政府と国民を代表し、初めての女性大統領に就任されたことにお祝い申し上げる。同じ女性としてうれしく思う。しっかりとやっていくことを期待する」と話した。

続いて日本の麻生太郎副総理と会った。日本が最近「竹島の日」関連行事を強行するなど韓日関係は冷え込んだ状況だった。朴大統領は両国が友好協力関係のために努力すべきだとしながらも、「まだ歴史問題などの懸案が未来指向的な両国関係発展を妨げているのは残念だ。隣国である韓日間の真の友好関係構築のためには歴史を直視しながら過去の傷がこれ以上ぶり返さず治癒できるよう努力し、被害者の苦痛に対する心からの理解がなければならない」と強調した。

3人目は中国の劉延東国務委員に面会した。女性である劉国務委員は習近平総書記の精華大化工学科の先輩で中国共産党の最高権力機関である政治局に属している。朴大統領は劉国務委員が中国語で先にあいさつをすると中国語のあいさつで答えた。朴大統領は「劉国務委員は中国の代表的な女性指導者だ。胡錦涛主席と習近平副主席にも感謝申し上げる」と述べた。これに対し劉国務委員は、「胡錦涛主席は18代大統領に就任されたことをお祝い申し上げ、韓中関係の発展を高く評価すると話した。韓中関係を重視すると改めて明らかにした。習近平副主席も持続的で健全な関係発展を評価すると話した」と伝えた。劉国務委員は胡主席と習副主席の親書を手渡した。

朴大統領は続けて国連女性機関総裁を務めるバチェレ前チリ大統領、ロシアのイシャエフ極東開発相、シンガポール首相を務めたゴー・チョクトン名誉上級相と相次いで会談した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    朴大統領が麻生副総理と会談、「歴史直視すべき」

    2013.02.26 08:50
    뉴스 메뉴 보기
    朴槿恵(パク・クンヘ)大統領
    TOP