주요 기사 바로가기

韓国の造船・IT企業の4割「5年以内に中国に抜かれる」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.02.25 16:02
0
中国企業に対する危機感が恐怖心に変わっている。 韓国経済を牽引してきた主要業種の10社のうち3、4社は「5年以内に中国に抜かれる可能性がある」と懸念していることが分かった。 また、ほとんどの企業(79.8%)は中国・日本の間に挟まれた韓国企業の「サンドイッチ」状態が継続または悪化すると予想した。

300社を対象にした大韓商工会議所(商議)調査によると、ほぼ半分(49.5%)が「現在の主力産業は5年後、収益源の役割をするのが難しい」と答えた。 特に「造船」業種の危機感が強い。 造船では41.1%の企業が5年以内に中国に追い越される可能性があると回答した。 情報技術(IT)では38.1%だった。 繊維(31.1%)、鉄鋼(29.1%)、自動車(28.5%)でも、中国企業の浮上を懸念する韓国企業が多かった。

造船・海運情報会社クラークソンによると、1月の韓国造船企業の受注額(18億7600万ドル)は中国(18億1800万ドル)をわずかに上回った。 受注船舶数は中国(58隻)が韓国(20隻)より多い。

チョ・サンレ大韓造船学会長は「韓国がリードする高付加価値分野の海洋プラント・LNG船市場でも、中国が速いペースで追い上げている」と述べた。

IT分野では巨大な中国の内需市場が中国企業の躍進を後押ししている。 サムスン経済研究所は「2015年の中国のディスプレーパネル需要は年間1億個を超えるが、うち8000万個以上が中国企業から調達される」と予想した。

昨年の韓国の10大輸出品目のうち、中国の10大品目と重なる分野は船舶・半導体・ディスプレーの5品目だった。 一方、今回の調査で企業の94.4%は朴槿恵(パク・クネ)政権に対して期待を表した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP