주요 기사 바로가기

“韓国空軍FX事業候補機”米F-35エンジン欠陥、全機種の飛行を停止

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.02.25 13:08
0
米国防総省がロッキード・マーティンの次世代ステルス戦闘機F-35のエンジンの欠陥を発見し、全機種に対する試験飛行を中断したと、AP通信が22日(現地時間)報じた。F-35は韓国空軍の次世代戦闘機(FX)事業の候補機種の一つ。

APは「国防部がカリフォルニア州エドワーズ空軍基地で点検中、F-35A1機のタービンブレードに亀裂が見つかった」とし「国防部はより綿密な調査のため、空軍だけでなく、海軍と海兵隊が導入した他のF-35機種まで含め、全51機に対して試験飛行停止を命令した」と伝えた。タービンブレードはエンジンの核心部品。

ロイター通信は匿名の関係者を引用し、「タービンブレードには0.5インチ(約1.3センチ)ほどの亀裂があったが、エンジン製作の過程で生じた欠陥か、より広範囲なデザイン上の問題かは確認されていない」と報じた。

米軍史上最大規模の武器開発プロジェクトのF-35開発事業には3960億ドル(約37兆円)が投入された。しかし開発が遅れて費用が膨らんだうえ、機械の欠陥と性能問題が提起され、批判が強まっている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    “韓国空軍FX事業候補機”米F-35エンジン欠陥、全機種の飛行を停止

    2013.02.25 13:08
    뉴스 메뉴 보기
    米ロッキード・マーティンの次世代ステルス戦闘機F-35。
    TOP