주요 기사 바로가기

サムスン電子、10年連続「最も尊敬される企業」1位

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.02.21 17:39
0
サムスン電子が10年連続で「韓国で最も尊敬される」に選ばれた。 韓国能率協会コンサルティング(KMAC)は20日、「2013韓国で最も尊敬される企業」調査の結果を発表した。 2位はポスコ、3位は現代車、4位は柳韓キンバリー、5位は柳韓洋行だった。

昨年10月から今年1月まで、産業界幹部5520人と証券会社アナリスト230人、一般消費者4560人など計1万310人を対象にアンケート調査を実施した。 全体産業を対象に調査する「オールスター(All Star)」、産業別1位企業を選定する「産業別尊敬される1位企業」の2部門に分けられ、革新能力・株主価値・職員価値・顧客価値・社会価値・イメージ価値の6細部項目を分析した。

サムスン電子・ポスコ・柳韓キンバリー・柳韓洋行・サムスン生命保険・SKテレコム・Eマート・新世界百貨店など12企業は、10年連続で「韓国で最も尊敬されるオールスター企業」に選ばれた。 サムスン証券・SKハイニックス・SKエナジーは今年、オールスター企業に新たに含まれた。 公共機関のうち唯一トップ10に選ばれた仁川国際空港公社は、顧客価値部門1位企業にも選定された。 サムスン物産は今年、オールスタートップ10企業に新たに含まれた。 経済的成果と社会・環境的価値をバランスよく追求しているKT(旧韓国通信)は、順位が大幅に上昇し、今年オールスター企業15位となった。

今年の調査では、ほとんどの企業の社会価値指数が昨年に比べて向上した。 計66産業群(製造部門24、サービス部門34、公共部門8)を調査したが、今年のサービス産業部門平均指数は調査が始まった2004年以来初めて、製造業産業平均指数を上回った。 コンビニ・海運物流サービス・サービスセンター・保証保険などの産業群が躍進した中、総合病院およびITソリューション産業群の企業評価改善幅が目を引いた。

製造部門ではハンソル製紙・柳韓洋行(製薬)・韓一セメント(セメント)・ポスコ(鉄鋼)・サムスン電子生活家電事業部(生活家電)・現代自動車(自動車)など10企業が10年連続で1位企業に選ばれた。 サービス部門では三千里(都市ガス)・新世界百貨店(デパート)・Eマート(ディスカウント店)・SKテレコム(通信サービス)・新韓銀行(銀行)・サムスン生命保険(生命保険)など9社が10年連続1位企業に選定された。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP