주요 기사 바로가기

北朝鮮、核実験の前日にICBM級ミサイルエンジン実験

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.02.18 10:10
0
移動式発射台(TEL)に装着された北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)が、北核局面で新たな脅威に浮上している。

北朝鮮は3度目の核実験を実施した前日の11日、平安北道鉄山郡東倉里のロケット発射場で中・長距離ミサイルのエンジン燃焼実験を行ったと、国防部の関係者が17日明らかにした。エンジン燃焼実験はミサイル射程距離延長のための性能改良実験。

この当局者は「このエンジンは金日成(キム・イルソン)の100回目の誕生日だった昨年4月に公開されたICBMのKN-08に使用されるとみられる」と述べた。KN-08はグアムを射程圏内(3000キロ)とするICBM級ミサイルで、16車輪の特殊製作車両の移動式発射台に装着されている。偵察衛星やレーダー探知の死角地域で発射が可能で、先制打撃が難しい。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP