주요 기사 바로가기

【コラム】韓国にはなぜブランド品がないのか

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2013.02.17 12:36
0
60代の主婦キムさんは京畿道九里(キョンギド・クリ)から地下鉄に乗ってきたと話した。ソウルの新世界(シンセゲ)百貨店本店に到着したのが16日午後1時30分ごろ。 100人余りのショッピング客と20分余り列に並んだ末に会場に入った。「最大80%爆弾セール」として沸きかえった輸入ブランドセールの催事会場での話だ。

ブランドになじんでいるように見える人ではなかった。とかしていないパーマの頭に実用的なパディングジャンパー。だが、手には小さなルイ・ヴィトンのバッグを持っていた。「時々ブランド品を買うようですね」と尋ねるとすぐに手を振った。「どうして…余裕がないから思い切ってひとつ買うかどうか」。この数年はブランドのバッグを買う考えも出なかったという。「値段がとても上がったではないか…こんなところにでも来れば買えるものがあるかと思って」

同日この百貨店の2階では韓国ブランドの「ホミガ」のセールも開かれた。最近朴槿恵(パク・クンヘ)次期大統領のバッグと誤認されて有名になったダチョウ革とワニ革の専門ブランドだ。5分余り会場前に立っていたが値段を尋ねる人は1人もいなかった。「あ、朴槿恵のバッグだ」「これは違うってよ」。こそこそと話しながら通り過ぎる人たちがいただけだ。物議のおかげで売り上げが2倍水準に増えたというが、欧州のブランド品の人気には追いつくことができないのだ。

輸入ブランドセールの催事会場にばかり客が集まるのをどのように考えるべきだろうか。地下鉄に乗ってきて長い列を作っても安いブランドを買いたがるキムさんを、ネットユーザーらがいうように「テンジャン女(見栄っ張り)」とののしることができるだろうか。催事会場を訪れた人のほとんどがキムさんと事情は似ているように見えた。ベビーカーを押して来た30代の女性、娘の手を握って来た70代のおばあさん…。だれもが「私も有名ブランドの製品を持ちたい」という気持ちであっただろう。景気が悪く所得が減り、考えることすらできない閉じた心をセールを迎えて再び取り出したのだ。

キムさんに「なぜ輸入ブランドばかり買いたがるのか」と尋ねる前に、私たちが投げかけなければならない質問は、「なぜ韓国にはブランド品と呼ばれるファッションブランドがないのか」にならなければならない。朴次期大統領のバッグと誤って知られたホミガは、「バッグが128万ウォンとはとても高い」という非難を少なからず聞いた。販売スタッフは「特殊な革を使いひとつひとつ手作りしたバッグとしては高くない。品質は欧州のブランドに劣らないと自負する。欧州のブランドがついたら3倍以上の値段でも売れただろう」と話した。

ブランド品のバッグが高いのはデザインと品質、ブランド価値を認められるためだ。革の原価と人件費だけ考えて「とても高い」と指弾しては韓国でブランドバッグが出てくることはできない。景気が悪い最近はブランドを夢見る国産ブランドには絶好の機会だ。キムさんのように財布の薄い消費者を品質とデザインで攻略すれば輸入ブランドの売り上げを抜けないという法はない。輸入ブランドには熱狂し国産ブランドは原価を考える二重の定規さえ取り払われればだ。(中央SUNDAY第310号)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP